ホーム > 地域共創センター > 地域教育活動

教養総合E

テーマ 『混迷の時代に古典を読む』

 下関市立大学では毎年、学生に対する教養総合の授業を市民の皆様に開放しています。平成20年度秋学期は「混迷の時代に古典を読む」というテーマで、下記のように10月6日から1月28日まで14回にわたり講義を行います。

とき: 月曜日5時限 午後4時30分~6時00分(第10回12月24日と第14回1月28日は水曜日同時間帯となります。第12回1月22日は木曜日同時間帯となります。)
場所: 下関市立大学 B講義棟1階 211教室

 市民の皆様どなたでも自由に参加できます(申込不要、受講料無料)。

科目名
教養総合E
配当年次 開講学期

週 2時間

2単位

 担当者(コーディネーター):加来 和典(下関市立大学准教授)

講義のねらい

 みなさんは古典ということばを聞いた時、どんな本を思い浮かべますか。古典は文学作品だけではありません。みなさんが勉強しようとしている経済学や経営学などいろいろな学問分野に、それぞれ古典と呼ばれる書物があります。それらは、新しい学問を打ち立てる礎となったもの、大きな転換をもたらしたものなど、現在の学問領域を形作る上で大きな役割を果たしたものばかりです。
いま我々が古典を読む意味はどこにあるのでしょうか。その答えは実際に古典を読んでみなければ分かりません。

この講義では、社会科学の古典を中心に取り上げます。講師はそれぞれの視点から古典について語りますが、それはあくまで皆さんに古典を手に取ってもらうためのきっかけに過ぎません。この講義を通じ、学問はどのように始まり、どう変わったのか、ひいては学問とは何か、そんなことに思いを巡らせてもらいたいと思います。

主たる授業計画(シラバス)

総合テーマ:『混迷の時代に古典を読む』

  テーマ 講師
第1回  10月6日 古典を読むということ(イントロダクション) 加来 和典
第2回  10月20日 『創世記』 下田 守
第3回 10月27日 『方法序説』デカルト 西田 雅弘
第4回 11月10日 『職業としての学問』ヴェーバー 道盛 誠一
第5回 11月17日 『南ドイツの中心地』クリスタラー、『孤立国』チューネン 吉津 直樹
第6回 12月1日 『ティトゥス・リウィウスの最初の十巻についての論考』マキャヴェリ 鈴木 陽一
第7回 12月8日 『ヨーロッパ世界の誕生 マホメットとシャルルマーニュ』ピレンヌ) 丹下 榮
第8回 12月15日 『蜂の寓話』マンデヴィル 米田 昇平
第9回 12月22日 『資本論』マルクス 川本 忠雄
第10回 12月24日 『雇用、利子および貨幣の一般理論』ケインズ 素川 博司
第11回 1月19日 『資本論』マルクス 佐々 由宇
第12回 1月22日 『ミドルタウン』リンド夫妻 叶堂 隆三
第13回 1月26日 『貧困と飢餓』『不平等の再検討』セン 佐藤 隆
第14回 1月28日 『自殺論』デュルケム 加来 和典
成績評価等

出席状況および期末試験によって評価します。
※市民の方は試験及び成績評価はありません。

教科書・参考書

教科書は使用しません。
参考書:講義でとりあげる古典。

皆様方のご参加をお待ちしております。来学には公共交通機関をご利用ください。
講義の日時やテーマなどについては、変更になる場合があります。最新の情報は、本学ホームページでご確認ください。