ホーム > 地域共創センター > 地域調査研究部門 > 地域づくり

地域づくり

豊田町で農事組合法人の活動を支援

地域インターンシップ活動の一環として、JA下関の皆さんの協力のもと豊田町の農事組合法人の活動支援を開始しました。初回である今回は、水稲の種まき作業に参加。大学生5名と教員1名が、農家やJA下関職員の皆さんと一緒に農作業を行いました。育苗箱に種たねをまきビニールハウスにそれを並べてゆく作業は初めての体験で、機械や農家の知恵の力をかりて作業を達成した時には大きな感動を味わうことができました。また、作業中の楽しい会話をとおして、集落で農業を続けていくことの意義や将来の地域農業の課題についても学び・考えることができました。この支援活動は1年間をとおして継続される予定で、水稲の生産過程をすべて体験する予定になっています。
次回は5月30日に田植えを行う予定です。

地元の皆さんを前に学生が挨拶。
少し緊張。
機械を使った流れ作業。
農業もハイテク化が進んでいます。
一緒に作業してくださった
JAの職員さんと記念撮影。