logo 

国際共同研究シンポジウム in 釜山


 3月30日(金)、韓国にある東義大学校の国際館306号セミナー室において、東義大学校と本学の共催による「国際共同研究シンポジウム in 釜山」を開催しました。

 東義大学校のナム・スヒョン商経大学長と本学の荻野喜弘学長の挨拶のあと、第一部報告として、東義大学校のパク・ギナム教授による「21世紀グリーン成長のための釜山−下関の協力戦略と実践課題」、本学の菅正史准教授による「グリーン成長に向けた日本の都市政策」が報告されました。第二部報告では、東義大学校のイム・ドンスン教授による「地域経済観点から新再生エネルギー供給活性化法案」、本学の山川俊和准教授による「東アジアの経済連携と自然資源セキュリティ」が報告されました。

 第一部、第二部の報告の後にはパネルディスカッションが行われ、報告された内容を元に、様々な意見が活発に交わされました。

ナム・スヒョン商経大学長 下関市立大学 荻野喜弘学長
ナム・スヒョン商経大学長 荻野喜弘学長
パネルディスカッション1 パネルディスカッション2
パネルディスカッション
パク・ギナム教授 菅正史准教授
パネルディスカッション
イム・ドンスン教授 山川俊和准教授

[掲載日:2012.4.4]

【お問い合わせ先】
公立大学法人下関市立大学
付属地域共創センター
TEL. 083-254-8613 / FAX. 083-253-1622

Copyright(C) Shimonoseki City University. All rights reserved.