ホーム > 学部・大学院 > 経済学科

経済学科(現代経済コース・地域経済コース)

経済理論を基に、現代経済・地域経済を分析

経済学科の特徴

1.幅広くかつ重層的に経済社会を学ぶ

 どのような経済社会にみなさんは関心を持つでしょうか。経済学科では国際・国民経済、地域・地方経済社会のいずれについても幅広く学ぶことができると同時に、用意された科目を組み合わせることで、経済社会をより多様な視点から解き明かすことができるように構成されています。

2.学生の個性で現代社会の理解を段階的に深める

 アプローチの仕方についても各人各様です。経済学科では理論・政策・歴史に習熟した経済人の育成を目指しています。4年間のカリキュラムに基づいて段階的にこれらを修得し、さらにそれぞれの学生の個性に合うアプローチに従って、複雑な経済社会の特徴の一端をより深く理解することになります。

3.的確かつ創造的に現代社会の諸問題にかかわる力を養う

 いずれの関心の対象、アプローチを選択しても、学生諸君は一定の基礎的な素養を身につけた自分を、最終段階で見出すことになります。卒業研究と就職活動に取り組む中でこれまで学んだ成果を発揮できるはずです。その時みなさんは現代経済のどのような問題に係わる経済人となっているのでしょうか。

カリキュラムポリシー

 経済学科は、国際経済、国民経済、地域・地方の経済社会にかかわる理論・政策・歴史に習熟することにより、現代の経済社会への理解を深めることを基本とし、その上で、それがかかえる諸問題に適切に対応しうる「考える力」を養います。
 1、2年次にミクロ経済学、マクロ経済学、金融論、財政学、経済政策論、社会政策論などの経済基礎科目を学び、2年次秋学期からコース専門科目などを学びます。そして3年次から始まる専門演習で個別研究に取りかかり、4年次には卒業論文の作成によってこれまでの学習の集大成を行います。

真の経済人となるための基礎的条件を身につけることができます。

現代経済コース

 2年次秋学期に、現代経済分析や現代資本主義論によって国民経済の現状・仕組みについての基本的な考え方を学びます。3、4年次では、現代産業分析や金融システム論などの経済データを用いて現状を分析する科目群や、労働経済論や福祉経済論などのおもに国民経済の諸問題に切り込む科目群によって、国内外の現代経済の諸相を理論的・実証的・政策的観点から幅広く学びます。

地域経済コース

 2年次秋学期に、地域論や経済地理学によって、地域・地方の経済社会の現状や仕組みについて基本的な考え方を学びます。3、4年次では、地域産業論や水産経済論などの地域経済のデータ分析を扱う科目群や、地域政策論や地方財政論など、地域・地方が抱える課題の解決に向けた政策を扱う科目群によって、地域・地方の経済社会の現状と課題を多面的に学びます。関門地域の事例にも留意します。

4年間カリキュラム 1年 2年 3年・4年
経済基礎 現代経済学入門
経済数学
世界経済史
ミクロ経済学
経済原論
経済学史
マクロ経済学
金融論
経済政策論
財政学
国際経済論
産業組織論
社会政策論
経済統計
日本経済史
外書講読I
外書講読II
コース専門 現代経済コース   現代経済分析
現代資本主義論
金融システム論、証券論、国際マクロ経済学、公共経済学、経済変動論、サービス経済論、現代産業分析、企業金融論、労働経済論、福祉経済論、計量経済学I、計量経済学II、開発途上国論、国際金融論、多国籍企業論、アジア経済開発論、アジア経済事情、現代経済特講
地域経済コース   地域論
経済地理学
地域政策論I、地域政策論II、都市社会学、地域産業論、水産経済論、都市環境論、地域福祉論、地方財政論、地方行財政事情、物流システム論、中小企業論、関門地域論、農村社会学、地域問題論、社会調査論、生活構造論、地域経済特講
専門関連 現代法学総論、憲法 民法I
民法II
商法I、商法II、行政法、国際法、国際経済法、労働法、経済法
  社会学
国際関係論
社会思想史
アジア近代史
地誌学I
地誌学II
環境マネジメント、人間関係論
国際商学科・公共マネジメント学科の専門科目
専門演習     専門演習I(3年生)
    専門演習II(4年生)
注) 他学科の専門科目などは国際商学科公共マネジメント学科のカリキュラムをご参照ください。

Q&A

Q.少子高齢化問題という言葉をよく耳にしますが、どの科目で学べますか。

一般的にひとつの経済社会現象には様々な側面があります。質問の問題についても財政や金融の側面から社会保障・福祉 の側面、さらには経済の変動の側面…といった具合です。したがって基本的にどの科目でも講義対象になり得るのです。多様な科目によって一つひとつの経済問題をより深く学んでいただきたいですね。

Q.経済学科でも公的なことが学べるのでしょうか。

経済学科の学びの3つの柱のひとつに政策があります。経済政策論や地域政策論といった科目を中心に、本学科の学生は、国・地方自治体、中央銀行といった公的機関の役割を経済学の視点から学びます。これらを通じて、財政や金融が現実の経済を、過去にどう動かしてきたか、現在どう動かしているのか、そして、将来の経済にどういう影響を与えていくのかを学ぶことができます。

授業紹介

「経済政策論」  中川 真太郎 准教授

私たちは、どんな経済政策をとれば良いのだろうか。

 日本は、1990年代から経済の低迷が続いています。一方、海外ではグローバル化が進み中国が飛躍的な経済成長を遂げるなど、日本を取り巻く環境は大きく変化しました。
 現代の日本に生きる私たちは、どのような経済政策をとれば良いのでしょうか。例えば、国民の所得を増やすにはどうすれば良いのでしょうか。失業者を減らすにはどうすれば良いのでしょうか。物価を安定させるにはどうすれば良いのでしょうか。
 残念ながら全ての問題を解決してくれる「万能薬」のような経済政策はありません。1つの問題を解決する政策が別の問題を引き起こすこともあります。それでも、適切な経済政策を選択していくことで、経済をより良い方向に導くことはできます。
 この授業では、経済学に基づいて、新しい研究成果を取り入れ、実際の経済データを踏まえながら、経済政策の効果と限界について学んでいきます。

「地域福祉論」  難波 利光 准教授

 自分が生活する街は、自分たちの手で作ってみたいと思いませんか?高齢化問題は、都市部においても深刻化しています。その様な街で、高齢者や若者が一緒に楽しく暮らせる街にするためにはどうしたら良いのかについて経済学と社会福祉学の観点から考えます。さらに、地域活性化を行っていく上で、コミュニティビジネスやソーシャルビジネスの手法についても勉強します。

「現代経済分析」  森 邦恵 准教授

 皆さんは、「観光」と「旅行」をどのように区別していますか。移動手段には、飛行機や鉄道、バス、自家用車などがありますが、所要時間の長さはどの程度交通費が安かったら許容しますか。そして、交通がもたらす環境への影響は、金銭的に「ゼロ」といってよいものでしょうか。現代の諸問題のうち「観光」「交通」「環境」のテーマに着目し、経済学的視点から見るとどのような解釈ができるかについて、講義を行っています。

ディプロマポリシー

 経済学科は、国際・国民経済、地域・地方の経済社会にかかわる理論・政策・歴史に習熟することにより、現代の経済社会への理解を深め、現代経済の諸問題に的確に対応しうる創造的経済人を育成することを目的としています。したがって経済学科では次のような人材が育成されます。

○国際・国民経済にかかわる理論・政策・歴史に習熟した経済人
○地域・地方の経済社会にかかわる理論・政策・歴史に習熟した経済人

所定の単位134単位を取得した場合、学士(経済学)の称号が与えられます。