ホーム > 学部・大学院 > 外国留学

外国留学

異文化交流  ~学ぶ人が主役で、異文化が触れ合う~

 留学生は、基本的には日本人学生と同じカリキュラムで履修することになっています。ただし留学生のために開設している日本語、日本事情の単位は外国語科目等の単位に当てることが可能です。これは帰国子女等にも適用されます。外国人科目等履修生や交換留学生のためには日本語の補講もあります。

 、2年次では、日本事情の知識と日本語能力の向上をはかる授業を受けながら、通常の科目も日本人学生と一緒に学習できるというわけです。入学時から直ちに日本人学生との交友を深め、また、3、4年次と進んでいくための準備が行われるのです。

 3、4年次の演習(ゼミナール)では特定のテーマに関して日本語で議論したり、卒論を書いたりしなければなりません。そういうことも想定して、日本語のクラスにおいては、学生主体のアクティビティを豊富に盛り込んだコミュニュカティブ・アプローチにより、読む、書く、聞く、話す、の4能力の向上に努めます。少人数の授業なので和気あいあいとした雰囲気のなかで有意義な学習効果が育まれます。

海外から市大へ

考えて行動するほど世界は開かれる!
留学生,朴 允奇さん
朴 允奇 さん
朴 允奇 さん (木浦大学校・韓国)

 私の原籍校である木浦大学校と下関市立大学の関係者の方々の多くの努力によって両大学が姉妹校になりました。いよいよ木浦大学校から下関市立大学に行く道が開かれました。このような機会を逃すことができない私はすかさず捉えました。懇願し努力を続けていれば、必ずチャンスはめぐってくるものです。

  高校2年生の時に日本のアニメを見たことがきっかけで、日本語に関心を持ち勉強を始めました。大学に入学してから語学研修、留学などの機会が与えられることを知った私は、1 年生の時から日本に留学したいと思い始めました。その後、軍隊生活をしながら日本語能力試験に合格できましたが、忙しい学校生活のせいで、日本は忘れていく人生計画の一つにすぎないと考え始めました。ところが急に幸運が私に飛び込んできました。4年生だから難しいのではないかと最初はとまどいもありましたが、やりたかった事なので日本留学を決心しました。後はすべての準備があっという間に整いましたが、貧しいので生活費の問題だけが残されていました。下関市立大学に来る2週間前まで留学中の生活費をえるためにアルバイトすることを考えていました。そんな時に奨学金を受けることができるというニュースを得た私が、どんなに嬉しかったか言葉では説明ができません。大変心配していた両親も奨学金を受けることになって安心しているように見えました。

  私の留学生活は両大学の多くの助けを受けて順調に始まりました。
私には留学中の目標が3つあります。第1に「友達」です。 一人では絶対に生きる事ができないし、思い出も一人だけでは作ることはできないので多くの友人を作り、1年間の交換留学生活が終わっても持続することができる生涯の友人を作りたいです。第2は「文化」です。 TV放送で見た日本文化を友達と一緒に体験して感じてみたいと思います。第3は「勉強」です。奨学金受給者として、そして何よりも自分自身のために熱心に勉強しようと思います。

 1年という時間は長いようだけれど実はとても短い時間です。この1年間に何が起こるかはわかりません。しかし、自分自身が準備して行動すれば興味深くて面白いことがたくさん起こると期待しています。私も常に求め、努力し、備え、多くのことを手に入れる1 年間にしたいと思います。

市大から海外へ

ロス・メダノス・カレッジへの留学
国際商学科,馬庭亜貴さん
国際商学科
馬庭 亜貴 さん
国際商学科 馬庭 亜貴 さん  (島根県立大田高等学校出身)

 私は大学入学以前から英語や外国文化に興味を持っていました。大学1 年次には英語の特別クラスを履修したり、夏休みの外国研修に参加したりと「語学力を高めたい」という思いで過ごしていました。私が留学に挑戦しようと決めた理由は、異文化での暮らしを自分で体験し、実際に話されている英語に触れることで、日本で勉強する以上のものが得られると考えたからです。

 私が留学をして最も心に残っていることは、人との出会いの素晴らしさです。ホームステイをしていたので、ホストマザーとは一番多くの時間を過ごしました。買い物・映画・バレエ・シンフォニーなどに一緒に出かけ、私にとって姉のような存在でした。彼女の親戚や仕事仲間の家にも遊びに行くことがあり、ハロウィン・感謝祭・クリスマスといった行事も多くの人と共に過ごすことができました。大学では、メキシコ・アフガニスタン・中国・韓国など様々な国籍のクラスメートがいて、年齢も様々でした。国籍も年齢も違う人々と友達になり、毎日学校に行って会話をするのが楽しかったです。別々の母国語を持っていても、英語という一つの言語でお互いの気持ちが通じるのは感動します。彼らの国の文化や宗教などの話を聞き、私も日本のことを話しました。今まで会ったことのない国の人と話をしてその国のことを知ったり、韓国や中国といった身近な国の新たなことを知ったりするのは新鮮でした。また、日本のことに興味を持ってもらうのは嬉しかったです。

  沢山の人との出会いの中で、様々なことを感じ、考えることが出来た1 年でした。
 今まで暮らしてきた環境と大きく異なり、家族や親しい友人が近くにいない場所で生活することに初めは不安もありましたが、すぐにその不安はなくなりました。
現地の人々は私を自然に受け入れてくれました。ホストファミリーとの生活、友達と遊びに出掛けたこと、学校生活、春休みの一人旅など留学中に多くのことを経験しました。これらの経験を通して私は成長できたと思います。留学という貴重な機会を与えてくれた国際交流センターの職員の方々や留学を応援してくれた両親、現地でサポートしてくれた多くの方に本当に感謝しています。

  大学生の間に留学をしたいと考えている方は、挑戦してみてください。きっと得るものが多く、自分の自信にもなると思います。