ホーム > 学部・大学院 > 国際商学科

国際商学科(国際商学コース・経営学コース・経営情報コース)

実学を特色として、国際感覚や情報処理能力を養う

国際商学科,下関市立大学

国際商学科の特徴

1.商学・経営学の理論と実学が学べる

 国際商学科では、経済学の基礎理論の上に、商学・経営学の基本理論を最初に学びます。その上で、流通・貿易・金融の実務や企業における財務・組織・販売の知識を学ぶことができます。また、企業の国際化・情報化に対応したカリキュラムになっており、国際商取引・マーケティング・簿記会計・情報システムの管理運営など、幅広い知識を習得することができます。

2.豊かな国際感覚を養う

 東アジア・欧米など、多くの国々に適応しうる豊かな国際感覚や語学能力を身につける事ができるカリキュラムになっています。東アジアを中心にした、国際政治経済の動向(経済開発、国際協力、経済統合など)や近代の歴史も学びます。また、海外への留学、海外からの留学生との交流を通じて、様々な異文化交流を行うことが可能です。そして、またビジネスに用いられる外国語の教育に力を入れており、英語・中国語・朝鮮語の実習教育科目を数多く履修することができます。

3.企業の実務に対応できる資格の取得

 語学・簿記・情報を中心とした企業の実務に対応できる資格取得が可能です。実践的な語学能力、会計・原価管理に関する理論や実務、企業情報システムやプログラミングに関する基礎知識を得ることができます。また、それらに関連する資格を取得することができます。取得した資格は、自発学習科目として単位認定することが可能となっています。

カリキュラムポリシー

 国際商学科は、商学・経営学の理論と実学を学ぶことを基本としています。そのうえで、東アジアを中心とした国際ビジネスや、ITを用いた経営管理などに適応できる能力を養成します。
 1年次には、商学総論・経営学総論・簿記原理Ⅰなどの専門基礎科目によって商学・経営学・簿記の基礎を学び、2年次春学期には、金融・貿易・情報に関する専門基礎科目を設けて、さらに国際商学科に関する基本的理解を深めます。2年次秋学期には3つのコースから一つを選択し、それ以降それぞれ専門分野を学び、3年次から始まる専門演習で個別的研究に取りかかり、4年次には卒業論文の作成をめざします。

自分自身の生活を豊かに国際感覚を備えた企業人としての素養を身につけることができます。

国際商学コース

 商学の理論・実務の知識の習得を基礎とし、東アジアを中心とした国際経済関連の知識を重点的に学ぶコースです。2年次秋学期において、東アジア・欧米の経済論を習得できるカリキュラムになっています。また、流通や交通に関する理論的知識を学びます。3年次は、貿易・金融・流通などの実務、国際的な商取引・マーケティング、東アジアの経済状況などを専門的に学ぶことができます。また商用に用いられる外国語の学習にも力を入れています。

経営学コース

 経営学と会計学を中心に、企業経営に関することを学ぶためのコースです。2年次秋学期において、経営管理や会計・原価管理に関する理論を習得できるカリキュラムになっています。また、経営に関わる統計学についても基礎を学びます。3年次においては、企業における財務・組織・労務・販売などを管理・分析する能力を養うため、リスクマネジメント・マーケティング・経営史などの科目が置かれ、また簿記・会計について、より深い知識を得ることができます。 企業の国際化・情報化に関わる知識も学ぶことができます。

経営情報コース

 企業経営のあらゆるところで使われているコンピュータシステムを学ぶためのコースです。2年次秋学期において、プログラミングや経営統計の基礎知識を習得できるカリキュラムになっています。また経営管理や会計の基礎も学びます。3年次においては、企業における情報システムの構築・管理・運営に関する知識や、企業の経営意思決定に関わる需要予測・経営分析などを行うシステムに関する知識を習得できるカリキュラムとなっています。またマーケティングや企業マネジメントに関する知識も学びます。

4年間カリキュラム 1年 2年 3年・4年
国際商学基礎 マクロ経済学入門
ミクロ経済学入門
国際商学入門
商学総論
経済原論入門
経営学総論
簿記原理I
金融論
貿易論
情報システム論
 
専門コース 国際商学コース   交通論
流通論
商業史
国際経済論
中国経済論
欧米経済論
現代韓国社会論
流通政策I、流通政策II、物流システム論、保険論、国際商品取引論、国際マーケティング論、証券論、商業英語I、商業英語II、 貿易実務I、貿易実務II、開発途上国論、アジア経済開発論、国際マクロ経済学、 国際金融論、多国籍企業論、アジア経済事情、韓国経済論
経営学コース   会計学原理
原価計算論
経営管理論
経営統計学I
公共マネジメント論
企業分析論、税務会計論、経営組織論、監査論、人事労務管理論、簿記原理II、経営史、経営情報論、経営統計学II、財務管理論、リスクマネジメント論、国際経営論、マーケティング論、 国際会計、非営利組織マネジメント論
経営情報コース   経営管理論
会計学原理
原価計算論
プログラミングI
管理科学I
経営統計学I
公共マネジメント論
人事労務管理論、財務管理論、リスクマネジメント論、マーケティング論、国際経営論、企業分析論、経営組織論、プログラミングII、経営統計学II、データベース、データ処理、経営情報演習、経営情報論、管理科学II、非営利組織マネジメント
専門関連 現代法学総論
憲法
民法I
民法II
商法I、商法II、 行政法、国際法、労働法、経済法、国際経済法
  国際関係論、アジア近代史
国際商学特講
外書講読I、外書講読II、環境マネジメント、人間関係論
経済学科・公共マネジメント学科の専門科目
専門演習     専門演習I (3年生)
    専門演習II (4年生)
注) 他学科の専門科目などは経済学科公共マネジメント学科のカリキュラムをご参照ください。

Q&A

Q.国際商学科ではどのような勉強をするのでしょうか。

商学・経営学の理論と実学を学ぶことを基本とします。年次に応じて専門基礎科目を学び基本的理解を深め、更に3つのコースに分かれて専門科目を学びます。とりわけ諸外国ではどうなのかといったことをアジアや欧州と比較して経済の情勢や仕組みを学びます。

Q.国際商学科では英語はどの程度必要でしょうか。

一定以上の英語力があることは望ましいですが、アジアを中心とした国際社会では、中国語や朝鮮語も英語と同様に学ぶ必要があります。本学では、中国語や朝鮮語を第一外国語として学ぶことができ、合わせて外国語研修が実施されます。ぜひチャレンジしてみてください。

授業紹介

「中国経済論」  飯塚 靖 教授

日本の自動車産業の将来を左右する中国

 中国は現在、自動車の生産・販売ともに世界一となりました。この世界最大の自動車市場で、トヨタ・日産・ホンダなどの日系自動車メーカーも、生き残りを賭けた熾烈な競争を展開しています。ただ、その活動は決して順調とは言えず、大変厳しい状況にあります。その理由は、先行したVW・GMなどの欧米勢が依然として高いシェアを占め、また韓国の現代自動車も躍進しているからです。
 さらに問題は、外国企業が中国国内で自動車生産を行うには、中国国有企業との合弁でなければならないという規定になっていることです。このために、合弁相手の中国自動車メーカーが合弁事業を通じて資金と技術を急速に蓄積しており、独自ブランド車の生産にも乗り出しました。将来、この中国自動車メーカーも日系自動車メーカーの大きな脅威となると考えられます。このように本講義では、中国経済の現状を紹介し、日本はこの中国とどう向き合えば良いのかを考えていきます。

「リスクマネジメント論」  森 幸弘 教授

  今日、企業を取り巻くリスクは複雑化、多様化、巨大化しており、適切なリスクマネジメントシステムが確立できているか否か、リスクマネジメントの成否が、企業の存亡それ自体にもつながる時代となっています。「リスクマネジメント論」では、リスクとは何かを理解してもらうことからはじめ、リスクマネジメントの意義・形態、多様なリスク処理手段など、わかりやすく講述していきます。さらに、大地震等の大規模災害への適切な対応、すみやかな復旧を目標とする事業継続計画(BCP)についても、詳しく見ていきます。

ディプロマポリシー

 国際商学科は、商学・経営学に関する理論と実務に習熟するとともに、東アジアを中心とする国際交流に適応しうる豊かな国際感覚及び語学能力や情報処理能力などを幅広く備えた健全な経済人を育成することを目的としています。したがって国際商学科では次のような人材が育成されます。

○国際感覚を身に付け、実践的な語学能力を備えた企業人
○商学・経営学に関する理論と実務に習熟した企業人
○情報システムの管理運営能力を備えた企業人

所定の単位134単位を取得した場合、学士(商学)の称号が与えられます。