ホーム > 学部・大学院 > 公共マネジメント学科

公共マネジメント学科

経営学を基礎に、公共の場を効果的に動かす

公共マネジメント学科,下関市立大学

公共マネジメント学科の特徴

1.「公共」の課題や解決方法を学際的に学びます

 変化が著しい現代社会では、明確な「正解」が無い課題や、問題の構造そのものが明確でない課題も少なくありません。公共マネジメント学科では、経済学・経営学はもちろん、社会学、行政学など、様々な社会科学分野の講義が提供されており、学生は多様な社会科学の方法論で課題を分析し、解決策を考え、それを実践できる能力を身につけることを目指しています。

2.講義・体験型学習・少人数演習がバランスよく提供されています

 座学・演習とあわせて、実習・特講などの体験型学習が提供されており、専門分野の知識とあわせ、それを活用できる能力をバランスよく身につけることを目指しています。グループ作業で地域の課題を分析し、解決を考えることで企画・調整能力を養う実習や、下関市と連携した特講のほか、関心のある学生は、共同自主研究の形で実践教育を深めていくことができます。

3.教員や、学生同士の対話・交流の機会が多く設けられています

 教員と学生の距離が近い本学の中でも、公共マネジメント学科では教員と学生の交流の場が多く設けられています。入学後に行われる新入生研修では、学生が様々な専門分野の教員や、上級生に相談しやすくする環境づくりを行っています。その後も実習等によるグループワークを通じて、同じ志をもった学生と交流することができます。

公共マネジメントの4つの柱

公共マネジメントの基礎分野

公共哲学、公共マネジメント、経済政策、経営管理など、公共・経済・経営に関わる「専門基礎分野」を学びます。

行政の分野

行財政、地域政策、公会計など、政府組織に関わる「政策分野」を学びます。

企業・非営利組織の分野

企業倫理、リスクマネジメント、公共非営利戦略など、企業やNPOといった民間組織に関わる「マネジメント分野」を学びます。

コミュニティの分野

まちづくり、都市社会学、地域産業など、人々の生活空間に関わる「社会分野」を学びます。

カリキュラムポリシー

 公共マネジメント学科の専門教育は、「行政」「企業・非営利」「コミュニティ」の3つの分野を中心に構成されます。「行政」に関する分野では行財政や政策のマネジメントを、「企業・非営利」の分野では民間組織の行動を中心に、広く人々の公共的生活空間に関わるマネジメントを、「コミュニティ」の分野では人と人とのコミュニケーションのあり方や実践的な「まちづくり」を含めたコミュニティ形成のあり方などを学びます。
 1年次では、専門基礎科目として公共マネジメント入門、公共哲学などの科目によって公共に関わる基本的概念について学ぶとともに、コミュニケーション心理学によって、対人関係の心理的過程などについて学びます。2年次には、専門応用科目として、それぞれ分野ごとの基幹科目である行政学、企業倫理・非営利組織論、まちづくり論を学ぶとともに、公共マネジメント実習によって調査やプレゼンテーションの方法を具体的実践の場で学びます。3、4年次には地方行政論・公会計論、非営利組織マネジメント論・非営利会計論、生活構造論・農村社会学・人間関係論などの専門応用科目や専門演習I・IIによっていっそう専門的分野の知見を深めかつ実践力を高め、そして最終的に公共マネジメントに関する卒業論文を完成させます。
 以上を通して、調査分析、プランニング(企画)、ファシリテート(調整)、プレゼンテーション(発表)、オーガナイズ(組織化)などの能力を養います。

「みんなのために・・・」を考え、公共の課題を柔軟に解決します。

4年間カリキュラム1年 2年 3年・4年
公共マネジメント基礎 マクロ経済学入門
ミクロ経済学入門
公共マネジメント入門
経済原論入門
公共哲学
コミュニケーション心理学
経営学総論
簿記原理I
社会政策論
経済政策論
地域論
経済地理学
地域経済史
公共マネジメント論
経営管理論
会計学原理
公共経済学
環境マネジメント
経営史
地域問題論
専門応用 行政
行政学 地域財政論
地方行政論
地域政策論I  地域政策論II
公会計論
地方行財政事情
自治体法務論
企業・非営利組織
企業倫理
非営利組織論
経営組織論
マーケティング論
リスクマネジメント
企業分析論
人事労務管理論
非営利組織マネジメント論
中小企業論、財務管理論
非営利会計論
公共非営利戦略論
コミュニティ
まちづくり論 都市社会学
生活構造論
地域福祉論
地域産業論
農村社会学
人間関係論
社会調査論
実習・特講
公共マネジメント実習
公共マネジメント特講
 
専門関連 現代法学総論、憲法 民法I
民法II
商法I 商法II
行政法
国際法
国際経済法
労働法
経済法

社会学
地誌学I
地誌学II
社会思想史
 
経済・国際商学科の専門科目
専門演習

専門演習I (3年生)


専門演習II (4年生)
注) 他学科の専門科目などは経済学科国際商学科のカリキュラムをご参照ください。

Q&A

Q.「公共マネジメント」とはどういう意味ですか。

簡単に言えば、いろいろな問題を解決するために、特定の個人・組織だけでなく、様々な価値観・利害関係をもつ人や組織が協力する方法を考えることです。卒業生には、様々な人々が納得できる解決策を考えるとともに、その実践に向けた協力体制をアレンジできる人材になることを期待しています。

Q.卒業後は、どのような分野で活躍できますか。

「公共」と聞くと、役所などの「行政」をイメージする方が多いかもしれませんが、「公共マネジメント」能力は、あらゆる場面で求められる能力です。つまり、卒業して一定の経験を積み、社会を見渡せる広い視野と調整能力を確立することで、「行政」の分野だけでなく、一般の民間企業を含む様々な分野で活躍することができます。

授業紹介

「企業倫理」  中川 圭輔 講師

なぜ企業に倫理が必要なのか?ビジネスと倫理は両立できるのか?こんな問いかけから授業はスタートします。

 この問いかけをきっかけに、受講生は数々の難問に挑んでいきます。その難問とはビジネスの現場で遭遇するであろう倫理的ジレンマを扱った様々な事例です。人命救助を優先するため、就業規定にあえて違反した従業員に対し、経営者としてあなたはどう処分を下すのか。目の前で不正の現場を目撃したあなたは、一社員として内部告発に踏み切るのか否か。得意先の会社から偽りの会計報告書の作成を依頼されたあなたは、市場の番人たる監査法人としてどのような意思決定をすべきなのか等々。
 このような難問に対し、まずは個人でじっくり考えます。続いて、各グループに分かれて受講生同士で喧々諤々、意見をぶつけ合います。その上で、クラスの全体討論へとつなげます。授業では、数回にわたるグループ討論を通して、自ら主体的に考える力を養い、また他者の意見を聞くことで幅広い視点も身につけます。

「公共マネジメント入門」  足立 俊輔 講師 他
足立俊輔講師,公共マネジメント学科

 学科教員が自分の専門分野の研究を「公共マネジメント」という観点から説明する講義となっています。私の担当回では、仮設住宅の集会所にNPO法人がゴーヤの苗を植栽した「緑のカーテン事業」や、駅周辺の「放置自転車問題」に取り組んだ東京都足立区の事例を紹介し、行政が、なぜNPO法人や企業、住民と協力しながら公共的な課題に取り組まなければならないのかについて講義しています。


「公共マネジメント実習」  菅 正史 准教授 他

 学科教員が実施するフィールドワーク調査等を通じ、私たちの社会の現状について公共の視点から把握・理解し、課題・改善策等について考察することを経験します。また、演習を行う過程で、ヒアリング・アンケート調査・ディスカッション・ワークショップ・プレゼンテーション等、公共マネジメント学に重要な調査方法のいくつかを体験します。私の担当回では、地図を片手に地域調査に向かわせ、その地域の現状と課題をまとめさせた上で、将来の市街地構想をグループで提案させました。

「公共マネジメント特講」 

 この講義は、市長のほか、市役所の幹部職員が講義を行います 。受講生は行政組織・行政サービスの実際を学ぶとともに、下関市の課題や方向性について考えていきます。

「地域産業論」  濱田 英嗣 教授

 猛毒のフグを日本人は高いお金を出して食べます。とくに下関には奥深いフグ食文化があり、フグは下関市の地域ブランドとして知られています。地域ブランドに関しては、地域活性化に向けて全国各地で取り組みが活発化していま すが、実は地域ブランド化に成功した下関フグに多くのヒントが埋め込まれています。講義では、下関フグブランド化の成功要因やブランド進化といったブランドマーケティングについて解説しています。

ディプロマポリシー

 公共マネジメント学科は、マネジメント(効果的な経営管理)の理論と実務に習熟し、その視点から行政、企業、NPO活動、地域づくりといった公共的な諸活動の場で活躍する職業人を育成することを目的としています。
したがって公共マネジメント学科では次のような人材が育成されます。

  • 経営能力を身に付けた行政人
  • 公共的な調整能力に秀でた企業人
  • 戦略的マネジメントができる非営利組織人
  • まちづくりのノウハウに優れた地域コーディネーター

所定の単位134単位を取得した場合、学士(公共マネジメント)の称号が与えられます。