下関市立大学学会会則

下関市立大学学会
   本学会は学術の発展に寄与し,会員の研究の振興を図ることを目的として設置されたもので,研究会,講習会,講演会の開催,論集の発行などを行っている。

下関市立大学学会会則
 
第1条 本会は下関市立大学学会と称する。
第2条 本会の事務所は下関市立大学内に置く。
第3条 本会は学術の発展に寄与し,会員の研究の振興を図ることを目的とする。
第4条 本会はその目的を達成するために次の事業を行う。
  (1) 研究会,講演会の開催
  (2) 雑誌「下関市立大学論集」,学生論集「赤馬」の発行
  (3)その他本会の目的達成に必要な事業
第5条 本会は次の会員をもって組織する。ただし,会員としての資格は,入会申込書を添付し,入会金1,000円を納入したときに発生する。
  (1) 特別会員 下関市立大学専任教員および特任教員、客員研究員
  (2) 一般会員 下関市立大学学生及び卒業生等その他の者で本会の趣旨に賛同し,入会を認められたもの
第6条 本会の会費は前条の会員のうち,特別会員については,年額12,000円,一般会員については,年額2,000円とする。
第7条 本会には次の機関をおく。
  (1) 会  長 評議員会の推薦により,総会で選任する。
  (2) 評議員会 特別会員のうち専任教員を評議とし,これをもって構成する。
  (3) 運営委員会 特別会員のうち専任教員から3名,一般会員から2名を運営委員としてそれぞれ互選しこれをもって構成する。
  (4) 監査委員 特別会員のうち専任教員から1名を互選する。
第8条 会長,運営委員,監査委員の任期は1年とする。ただし,再任を妨げない。
第9条 運営委員会は通常の運営に関する事項等を議決する。
第10条 評議員会は,運営委員会の提案により本会の運営に関する事項等を議決する。
第11条 予算,決算,会長の選任,会則の変更等の事項は,評議員会の議決を経た後,総会の承認を得なければならない。
第12条 総会は毎年1回以上,これを開催する。
   
  附 則
  この会則は,昭和37年2月20日から実施する。
  附 則
  この会則は,昭和50年4月1日から実施する。ただし,第6条で定める会費は昭和49年度以前に下関市立大学に入学した者については,なお従前に例による。
  附 則
  この会則は,昭和59年12月5日から実施する。
  附 則
  この会則は,昭和63年5月19日から実施する。
  附 則
  この会則は,平成22年6月24日から実施する。




Copyright (c) 2005 Shimonoseki City University