2018年度学会主催シンポジウム(学術講演会)

 

 平成30年10月12日(金)に本学A-101教室において、「人口減少時代の都市―下関市のまちづくりを考える―」をテーマとした学会主催シンポジウムを開催いたしました。
 前半には、京都大学教授・諸富徹氏による講演「人口減少時代における都市の持続可能な発展」および総理夫人・安倍昭恵氏による講演「ワクワクするまちづくり」が行われました。
 そして後半は、本学教授・難波利光および本学准教授・山川俊和も加わり、シンポジウムが行われました。シンポジウムは、市民の方や学生等の参加者からの質問をもとに進められ、講演に対する理解をさらに深める内容でした。
 
約200名という多くの方にご参加いただき、シンポジウムは盛況のうちに終了いたしました。

シンポジウムの様子
 



.
Copyright (c) 2005 Shimonoseki City University