下関市立大学論集

第41巻 第3号 (通巻 第105号) 1998年1月発行

大屋祐雪学長退任記念号

タイトル 著者 ページ
大屋祐雪学長送別のことば 山本興治 i
第一部
私と統計学 大屋祐雪 1
社会科学系 論文
Internationalisation and the Japanese Experience Greg Chaikin 23
管理とリーダーシップの一考察 平池久義 39
戦後社会政策論争についての一試論 堀内隆治 57
フロリダ州における無保険車保険訴訟と 
弁護士費用
肥塚肇雄 91
金融分野の制度改革を考えるための序章: 
わが国の資金循環の態様をめぐる若干の考察
道盛誠一 117
日米安保条約と地方自治の可能性 
 ―沖縄の基地問題を手がかりにして―
太田周二郎 141
グラスランの経済思想 
 ―効用価値説と累進課税の原理―
米田昇平 165
人文科学系 論文
1920年代における企業内運動部の創設要因 
 ―八幡製鉄所野球部の事例―
古園井昌喜 193
愛と結婚 
 ―『アミーリア』について―
雲島悦郎 207
《現代漢語詞典》と《現代漢語詞典修訂本》における 
軽声語の扱いの変化について
小川郁夫 227
Assessing Communicative Competence Hiro Uchiyama 243
Reading Comprehension: From Theory to Pedagogy Adrian J. Wurr 
Todd J. Rutkin
257
自然科学系 論文
大学生の身体組成及び最大酸素摂取量に関する研究 
 ―1992年から1995年度入学生の測定結果の評価―
坂元康成 281
ファジィ集合演算の自然な拡張 下田守 301
第二部
大屋祐雪学長 略歴・業績目録   319
 
 

このページに関するお問い合わせは以下のアドレスへお願いいたします.
下関市立大学学会運営委員会