下関市立大学論集

第48巻 第3号 (通巻 第126号) 2005年1月発行

タイトル 著者 ページ
内山浩道教授退任にあたって 堀内隆治
1
内山浩道教授の略歴・主要研究業績  
3
最終講義
日本語の微妙な表現と外国語によるコミュニケーション
 ―通訳・翻訳の観点から―
内山浩道 5
社会科学系 論 文
海爾(ハイアール)とイノベーション 平池久義 15
代理権濫用論と代理の法的構成との関係の検討
 ―ドイツ的解釈法学全盛期の学説の検討を中心に―
平山也寸志
31
平成の市町村合併の検証 太田周二郎
47
コーポレート・ガバナンスと経営者報酬規則
 ―アメリカ法を素材として―
溝渕 彰 55
郷鎮財政の現状と郷鎮財政改革 斉藤節夫
65
人文科学系 論 文
日本語学習の課題とその指導 張 淑玲
75
カントの重層的市民社会論
 ―「自由」「平等」「自立」と「博愛」―
西田雅弘
85
石坂洋次郎とその文学 程 長泉
95
B類可能補語について
 ―形容詞を中心に―
山田留里子 109
 
 

このページに関するお問い合わせは以下のアドレスへお願いいたします.
下関市立大学学会運営委員会