「下関市内の高校生による鯨研究」を募集します

 本学鯨資料室は開設2年目を迎え、新たな試みとして、下関市内の高校生を対象に鯨をテーマとした研究を募集いたします。捕鯨への関心が次第に薄れている実情を踏まえ、若い世代の方に鯨や捕鯨への関心を深めてもらいたいと考え、企画いたしました。なお、来年2月に鯨資料室シンポジウムを開催し、研究成果の発表を行う予定です。

 たくさんのご応募をお待ちしております。

1  募集期間 平成21年9月1日(火)〜平成21年12月18日(金) 
2  募集テーマ 鯨に関することなら何でも可。(例:鯨と環境問題、捕鯨史、鯨による地域おこし、鯨の料理、鯨肉製品開発など)
3  応募資格 下関市内所在の高校に在籍、もしくは市内在住の高校生。(2名以上のグループ)
4  提出様式
及び方法
パワーポイントのスライドをプリントアウトしたもの1部に簡単な要旨 (200字程度)を添付して郵送。
5 審  査 来年2月に実施予定のシンポジウムで研究成果の発表を行い、専門家による審査で最優秀を決定する。最優秀グループには表彰状、図書券等を進呈。なお、参加グループの代表者と専門家で、パネルディスカッションも行う予定。
6 その他 研究発表に必要な資料等の提供は、本学鯨資料室で行う。
7 問い合せ先 下関市立大学附属地域共創センター 
TEL 083−254−8613
FAX 083−253−5091

[更新日:2009.9.18]

【お問い合わせ先】
公立大学法人下関市立大学
経営企画グループ地域共創班
TEL. 083−254−8613/ FAX. 083−253−5091

Copyright(C) Shimonoseki City University. All rights reserved.