東日本大震災の復興イベント開催について

 東日本大震災から9ヶ月。1000年に一度の未曽有の大震災によって被災地では未だに瓦礫の処理も終わっておらず、復興の道のりは長く険しい状況にあります。しかし、東北以外の地域ではニュースも激減し、今、被災地がどんな状況なのかもわからないという人が多いと思います。
 被災地の方に「何か大変な事や辛い事はありますか?」と聞いた時にこう言われました。「忘れられるのが一番辛い」と。
 このイベントでは参加者全員で意見や体験を交換し、震災の記憶を風化させないようにこれからの日本や復興について語り合います。また、そこで私たち日本人だけではなく、留学生などの外国の方々からの視点も取り入れながら想いを共有していきたいと考えております。
 大学関係者のみならず、地域の皆様の参加もお待ちしております。

  1. 日  時 平成23年12月11日(日)
          18:30開場 19:00開始 21:00終了予定
  2. 場  所 A講義棟113教室
  3. 入場料 無料
  4. 主  催 国際交流会ともだちサークル
  5. 問合せ 国際交流会ともだちサークル 鍵谷翔子 メール  (後に @gmail.com を付加してください)

復興イベントで震災の現状を共有する鍵本翔子さん 復興イベントで震災の現状を共有する鍵本翔子さん
 先月の11月11日に海峡メッセで行われた復興イベントでは、国際商学科4年の鍵谷翔子さんが被災地の現状や人々の姿を伝える映像を紹介しました。

[掲載日:2011.12.05]

【お問い合わせ先】
公立大学法人下関市立大学
経営企画グループ経営企画班
TEL. 083-252-0288

Copyright(C) Shimonoseki City University. All rights reserved.