お知らせお知らせ

ホーム > 2016(平成28)年度 > 平成28年度地域共創研究報告会開催のお知らせ

お知らせ

平成28年度地域共創研究報告会開催のお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 地域共創研究とは、本学教員が地域貢献の観点から地域課題を見出して、その課題解決に取り組むことを目的とした研究です。この度、平成27年度研究の成果報告を下記のとおり開催いたしますので、市民の皆様および本学学生の多くのご参加をお待ちしております。

◆日 時:6月8日(水)18:00~19:00
◆場 所:下関市立大学本館Ⅰ-201教室
◆参加費:無料
◆申込み:不要
◆駐車場に限りがございますのでなるべく公共交通機関をご利用ください。

【報告1】下関市のまちづくり運動の現状と課題

報告者:松本貴文 経済学部公共マネジメント学科 講師

概 要:下関市では、人口減少や少子高齢化の進展、地域経済の停滞が続いています、そうしたなか、住みよ
    い地域社会を維持してゆくために、住民自治のまちづくりが政策的に進められようとしています。
    しかし、「住民自治が必要」ということは理解できても、それを実現するには多くの障壁も存在しま
    す。それを克服するためにも、現状の冷静な分析が欠かせません。そこで、本報告では、2つの調査
    結果をもとに、市内で行われているまちづくり運動の現状と課題についてお話します。

【報告2】城下町長府地区マップからその歴史と文化・社会にふれる

報告者:吉武由彩 地域貢献担当特任教員

概 要:平成27年度の地域共創研究として、城下町長府地区を対象に、その歴史と文化・社会のポイントを
    まとめたマップを作成しました。このマップは、主に下関市立大学で学ぶみなさんにマップを片手に
    長府の街を歩いてもらうことを意図し、まとめたものです。報告では、このマップをもとに、長府の
    歴史と文化、人口の動向、工業、商業についてお話します。

 

 

[掲載日:2016.5.9]

【お問い合わせ先】
下関市立大学附属地域共創センター
TEL. 083-254-8613 / FAX. 083-253-1622
E-mail. chiikikyoso@shimonoseki-cu.ac.jp