お知らせお知らせ

ホーム > 2018(平成30)年度 > 第11回鯨資料室シンポジウムを開催します

お知らせ

第11回鯨資料室シンポジウムを開催します

このエントリーをはてなブックマークに追加

 第11回鯨資料室シンポジウム「捕鯨問題になぜ関心が広がらないのか?ー森下丈二・国際捕鯨委員会(IWC)日本政府代表と本音で語ろう!-」を下記のとおり開催します。入場無料ですので、多くの方のご出席をお待ちしております。

◆日 時  平成31年2月9日(土)14:30~16:30
◆場 所  下関市立大学本館 I-206教室 (下関市大学町二丁目1番1号)
◆定 員  50名程度
◆参加費  無料
◆申 込  下記チラシ申込書に必要事項をご記入の上、Faxにてお送り下さい。
◆申込締切 2月6日(水)
◆駐車場  学内駐車場に限りがございますので、なるべく公共交通機関のご利用をお願いいたします。

第1部 基調講演

  「鯨は捕っていいのか?悪いのか?学生に伝えたい捕鯨の話」

   森下 丈二 国際捕鯨委員会(IWC)日本政府代表

第2部 シンポジウム

  「捕鯨問題になぜ関心が広がらないのか?」
   -森下丈二・国際捕鯨委員会(IWC)日本政府代表と本音で語ろう!-

      パネリスト :森下 丈二・国際捕鯨委員会(IWC)日本政府代表 

                  :小島 純子(下関くじら館店長) 

                  :下関市立大学学生選抜 青崎 佑希乃、吉澤 真穂 

   コーディネーター:岸本 充弘(下関市立大学附属地域共創センター委嘱研究員)

   

 

 

 

[掲載日:2018.12.7]

【お問い合わせ先】
下関市立大学附属地域共創センター
TEL. 083-254-8613 / FAX. 083-253-1622
E-mail. chiikikyoso@shimonoseki-cu.ac.jp