大学概要学内教職員専用

ホーム > 大学概要 > 教育情報の公表(法定事項) > 学修の評価、卒業認定基準等(2015年度以降)

学長からのメッセージ
理事長からのメッセージ
理念と歴史
3つのポリシー
教員研究業績・教員評価・授業評価
教育情報の公表(法定事項)
教育情報の公表(教職課程)
法人情報
シンボルマークとスローガン
国際交流
卒業後の進路
広報
同窓会

学修の評価、卒業認定基準等(2015年度以降)

必要単位数(経済学部) | 評価の基準 | GPA | 必要単位数・評価の基準(大学院) 

経済学部 必要単位数


◆卒業に必要な単位
経済学部
  経済学科 124
  国際商学科
  公共マネジメント学科

経済学科
科目区分 卒業必要単位数
基礎教育 外国語 第一外国語 8 10 124
第二外国語  
国際コミュニケーション 外国語実習  
外国研修
情報・数理 情報 2 6
統計 2
数学
健康スポーツ科学 3 ※1
教養教育 教養 16
特別講義
教養総合
専門教育 専攻基礎 26 ※2 76
専攻基本 A群 金融・経済分析 (6) 18 ※3
B群 財政・社会政策 (6)
C群 グローバル経済 (6)
D群 地域経済・社会 (6)
専攻応用 A群 金融・経済分析 12 ※4 
B群 財政・社会政策
C群 グローバル経済
D群 地域経済・社会
専門関連 専攻関連  
法学
専門特講
他学科専門教育
専門演習 4 ※5
演習  
キャリア教育科目
自発学習科目
副専攻

※1 3単位のなかには、「スポーツ実践A」の1単位が含まれていなければならない。
※2 26単位のなかには、「経済学入門」、「経済原論I」、「マクロ経済学I」及び「ミクロ経済学I」の各2単位、合計8単位が含まれていなければならない。
※3 A群からD群までの4つの群の中から3つの群を選択し、それぞれの群から6単位、合計18単位を修得しなければならない。
※4専攻基本で選択した3つの群の中から1つの群を選択し、その群の専攻応用科目から12単位を修得しなければならない。
※5「専門演習II」の4単位(専門演習IIを履修できない場合は、別に定める方法で履修した科目の4単位)を修得しなければならない。

国際商学科
科目区分 卒業必要単位数
基礎教育 外国語 第一外国語 8 16 124
第二外国語  
国際コミュニケーション 外国語実習 6
外国研修  
情報・数理 情報 2 6
統計 2
数学
健康スポーツ科学 3 ※1
教養教育 教養 16
特別講義
教養総合
専門教育 専攻基礎 24 ※2 72
専攻基本 A群 国際・東アジア (6) 18 ※3
B群 流通・マーケティング (6)
C群 経営・経営情報 (6)
D群 会計・簿記 (6)
専攻応用 A群 国際・東アジア (8) 12 ※4
B群 流通・マーケティング (8)
C群 経営・経営情報 (8)
D群 会計・簿記 (8)
専門関連 専攻関連  
法学
専門特講
他学科専門教育
専門演習 4 ※5
演習  
キャリア教育科目
自発学習科目
副専攻

※1 3単位のなかには、「スポーツ実践A」の1単位が含まれていなければならない。
※2 24単位のなかには、「国際商学入門」の2単位が含まれていなければならない。
※3 A群からD群までの4つの群の中から3つの群を選択し、それぞれの群から6単位、合計18単位を修得しなければならない。
※4 12単位のなかには、1つの群に属する科目の8単位が含まれていなければならない。
この場合において、当該1つの群は、専攻基本で選択した3つの群の中から選択したものでなければならない。
※5「専門演習Ⅱ」の4単位(専門演習Ⅱを履修できない場合は、別に定める方法で履修した科目の4単位)を修得しなければならない。

公共マネジメント学科
科目区分 卒業必要単位数
基礎教育 外国語 第一外国語 8 10 124
第二外国語  
国際コミュニケーション 外国語実習  
外国研修
情報・数理 情報 2 6
統計 2
数学
健康スポーツ科学 3 ※1
教養教育 教養 16
特別講義
教養総合
専門教育 専攻基礎 24 ※2 76
専攻基本 A群 公共政策 6 20
B群 マネジメント 8
C群 地域社会 6
専攻応用 A群 公共政策 4 16
B群 マネジメント 4
C群 地域社会 4
専門関連 専攻関連  
法学
専門特講
他学科専門教育
専門演習 4 ※3
演習  
キャリア教育科目
自発学習科目
副専攻

※1 3単位のなかには、「スポーツ実践A」の1単位が含まれていなければならない。
※2 24単位の中に「公共マネジメント実習I」、「公共マネジメント入門」及び「公共マネジメント実習II」の各2単位、合計6単位が含まれていなければならない。
※3「専門演習Ⅱ」の4単位(専門演習Ⅱを履修できない場合は、別に定める方法で履修した科目の4単位)を修得しなければならない。


評価の基準

 成績の判定は100点満点法により行い、60点以上を合格(単位が認定される)とし、59点以下を不合格とします。

合格 90~100点
80~89点
70~79点
60~69点
不合格 不可 59点以下

 以上の評価の他に失格があり、失格はその科目を受講したことになりません。

GPA(Grade Point Average)

 GPAは、学生の学修意欲を高めるとともに、厳格な成績評価と学生支援に資することを目的としています。また、当該学期における学修の状況及び成果を示す指標としての「学期GPA」と、在学中における全期間の学修の状況及び成果を示す指標としての「通算GPA」の二種類があります。
 成績評価に応じて与えられる数字をGP(Grade Point)といい、後述する式に当てはめるとGPAを算出できます。

成績評価 GP
秀(90~100点) 4
優(80~89点) 3
良(70~79点) 2
可(60~69点) 1
不可(59点以下) 0
失格 0
GPAの算出方法
学期GPA= 当該学期の(4×「秀」の単位数+3×「優」の単位数+2×「良」の単位数+1×「可」の単位数)
当該学期の総履修登録単位数

通算GPA= 全期間の(4×「秀」の単位数+3×「優」の単位数+2×「良」の単位数+1×「可」の単位数)

全期間の総履修登録単位数


GPAの対象科目

 GPAの算出対象となる科目は、卒業必要単位数に含まれる科目のうち、成績評価で示すことのできる授業科目です。

大学院経済学研究科 必要単位数


◆卒業に必要な単位
大学院経済学研究科  
 経済・経営専攻
30

 研究指導教員が行う演習8単位を含めて30単位以上を修得し、かつ、修士論文を提出し、審査及び最終試験に合格することとします。ただし、「プロジェクト研究」教育プログラムについては、プロジェクトスタディの科目4単位計12単位を含めて30単位以上を修得し、かつ、「特定の課題についての研究の成果」を提出し、審査及び最終試験に合格することとします。
 なお、在学期間に関しては、優れた業績を上げた者については、研究科委員会が特に認めた場合に限り、1年以上在学すれば足りるものとします。

評価の基準

 学術文献の理解、ゼミナールにおける発表能力、議論への積極的参加などを総合的に評価します。評価は、優(80点以上)、良(70点以上)、可(60点以上)、不可(60点未満)の4種をもって表し、優、良、可を合格とし、不可は不合格とします。

合格 100~80点
79~70点
69~60点
不合格 不可 59点以下

大学院学位授与基準

 学位は、高度な学修と創造的研究によって高度な専門的知識や能力を身につけ、「大学院学則」と「経済学研究科履修規程」に基づく所定の要件を満たしたものに授与します。

修士論文及び特定の課題についての研究の成果の成績評価基準

1.修士論文の成績評価基準
  1. 論文のテーマ設定が明確かつ妥当であるかどうか
  2. 論文の構成や論理展開に一貫性があるかどうか
  3. 先行研究や関連する研究等を適切に踏まえているかどうか
  4. 注や資料や引用文献などが適切に表示され、論文の形式が整えられているかどうか
  5. 口頭試問での応答が的確であるかどうか
2.特定の課題についての研究の成果の成績評価基準
  1. 課題(研究テーマ)の設定が社会人としてのキャリアに照らして妥当であるかどうか
  2. 研究成果報告書の構成や論理展開に一貫性があるかどうか
  3. 研究成果報告書の形式が適切に整えられているかどうか
  4. 口頭試問での応答が的確であるかどうか

修士論文及び特定の課題についての研究の成果の作成・審査のプロセス

年次 期日 論文作成のスケジュール
1年次 3月31日 中間経過報告 提出




2年次
7月末~8月上旬 中間発表会
10月31日 修士論文・特定課題研究成果 題目申告書提出
11月初旬~11月中旬 主査・副査検討会
1月31日 修士論文・特定課題研究成果 提出
2月上旬 最終試験
2月中旬 修士論文研究発表会(最終報告会)
3月25日 修了式

【お問い合わせ先】
公立大学法人下関市立大学
経営企画グループ 経営企画班
〒751-8510 山口県下関市大学町二丁目1番1号
TEL.083-252-0288 / FAX.083-252-8099