ホーム > 大学概要 > 教育情報の公表(法定事項) > 研究者(教員)情報

研究者(教員)情報

呉 香善 (お ひゃんそん)

職位 経済学部 特任教員

学位 修士(比較社会文化)

学歴 2004年 九州大学大学院比較社会文化学府修士課程修了(国際社会文化専攻)
2008年 九州大学大学院比較社会文化学府博士課程単位取得退学(国際社会文化専攻)

担当科目 朝鮮語B・D・F・H・L・M・O 朝鮮語実習a・d・f・g・h・i 朝鮮語演習a

所属学会 朝鮮学会

専門分野 韓国語教育学、韓国語教授法

研究業績報告書 2016年度研究業績(呉香善)

主な研究テーマ 朝鮮植民地下における在朝日本人に対する朝鮮語教育
日本人のための韓国語教育

私の授業 朝鮮語B・D・L・M、朝鮮語実習a(1年)では、まず朝鮮語(韓国語)の文字や単語の発音練習に重点を置きます。ハングルの読み書きができるようになることを第一目標とし、自己紹介は勿論のこと、簡単な挨拶表現や初歩的な日常会話表現を学びます。
朝鮮語F・H・O、朝鮮語実習d・f(2年)では、読む・書く・聴く・話す力を身につけます。語彙や新しい文法を習得し、コミュニケーション能力を向上させ、韓国旅行や日常生活で使える簡単な会話ができるように学習します。
朝鮮語実習g・h(3年)、I(4年)では、韓国の文化・社会に関する新聞や雑誌の記事を読んだり、歌・ビデオなどの教材も取り入れて、韓国語の読解力や聞き取る力を向上させます。同時に背景にある韓国文化についての理解と知識を深めます。
朝鮮語演習aでは、今まで学んだ学習成果にさらに磨きをかけ、韓国短期留学やハングル関連の検定試験にも挑戦してみます。

主な研究業績
  • 『Point 韓国語初級-韓国へのアクセスシリーズ⑨』(共著、花書院、2006年)
  • 『Pointで学ぶ韓国語1』(共著、花書院、2010年)
  • 『Pointで学ぶ韓国語2』(共著、花書院、2011年)
  • 「朝鮮植民地下における在朝日本人に対する朝鮮語教育の総合的考察」、九州大学大学院比較社会文化学府 修士論文、2004.3
  • 「朝鮮植民地下における内地人警察官のための朝鮮語教育-朝鮮語研究会の朝鮮語学習書に焦点を当てて-」、韓国言語文化研究 第6号、九州大学韓国言語文化研究会、2004.4

  • ホームページ

    電子メール oh-h@shimonoseki-cu.ac.jp