ホーム > 大学概要 > 教育情報の公表(法定事項) > 研究者(教員)情報

研究者(教員)情報

白川 春子 (しらかわ はるこ)

職位 経済学部 准教授

学位 文学碩士(文学修士相当)[延世大学校]

学歴 1980年 立教大学文学部日本文学科卒業
1983年 (韓国)延世大学校大学院国語国文学科碩士(修士相当)課程卒業
1985年 同大学院国語国文学科博士課程4学期修了退学

担当科目 朝鮮語、朝鮮語演習

所属学会 朝鮮学会

専門分野 朝鮮近代文学

研究業績報告書 2016年度研究業績(白川春子)

主な研究テーマ 「朝鮮の近代文学、特に李光洙、兪鎮午など」
主な研究分野は朝鮮の近代文学であるが、その中でも1945年以前の日本の植民地下での文学と文学者(特に李光洙、兪鎮午など)を中心に研究している。

私の授業 朝鮮語A・B・C・D(1年)では、朝鮮語の文字(ハングル)と発音の学習から始めて初級レベルの文法を学びながら、基礎的な作文力・読解力を身につける。また発音練習を繰り返しながら、簡単な会話表現も学習する。
朝鮮語E・G(2年)では、1年次に学んだ文法事項を再確認しながら、実践的な会話力と聞き取り能力及び、作文力・読解力を養う。
朝鮮語演習a・cでは自分の考えを朝鮮語で作文・発表できるようにする。
朝鮮語演習b・dでは検定対策を行いながら、朝鮮語能力の向上をはかる。

主な研究業績
  • 「李光洙の4長篇について――「無情」「再生」「土」「愛」――」(『大谷森繁博士還暦記念朝鮮文学論叢』、杉山書店、1992年2月)
  • 「李光洙の日本語小説について」(九州大学『年報朝鮮学』5号、1995年6月)
  • 「兪鎮午の「金講師とT教授」について」(科研費報告書『朝鮮近代の文学者と日本』、サナエ制作 所収、2002年1月)
  • 「兪鎮午作「金講師とT教授」小考――T教授とその他の登場人物を中心に――」(『下関市立大学論集』47巻3号、2004年1月)
  • 「兪鎮午の日本語小説について」(『下関市立大学論集』50巻、2007年3月)

  • ホームページ

    電子メール shirakawa@shimonoseki-cu.ac.jp