ホーム > 大学概要 > 教育情報の公表(法定事項) > 研究者(教員)情報

研究者(教員)情報

素川 博司 (すがわ ひろじ)

職位 経済学部 経済学科 准教授

学位 経済学修士

学歴 (最終)早稲田大学大学院経済学研究科博士後期過程満期退学

担当科目 マクロ経済学、経済変動論、専門演習Ⅰ・Ⅱ

所属学会 日本経済学会、生活経済学会、中四国経済学会
専門分野 マクロ経済学、経済変動論、雇用理論

研究業績報告書 2016年度研究業績(素川博司)

主な研究テーマ 「経済変動論研究」
経済の変動・成長現象を主流派経済学の代替モデルの観点から研究。

私の授業 「マクロ経済学」では、消費、投資、GNPなど集計量を理解しそれらの相互依存関係を調べることによって、国民経済の数量的アプローチとしての基本的な捉え方を学ぶ。これを踏まえて政府・中央銀行が行う財政金融政策の基礎論を学ぶ。
「経済変動論」では、マクロ経済学を学んだ者が、「マクロ」の諸関係を基礎に置きながら短期的変動のみならず中長期の景気変動がなぜ起きるのかを学ぶ。経済の成長・発展過程で発生する経済的変化についても学ぶ。

私のゼミ マクロ経済学およびマクロ経済の変動・成長を学ぶ。なぜ経済は変動・成長するかを理論と現実のさまざまな側面から考える。

主な研究業績
  • 『現代経済学の展開』(共著、学文社、1992年)
  • 「二部門成長循環モデルについて」(『現代政治経済研究所叢書5』、1992年)
  • 「実質賃金と稼働率」(『下関市立大学論集』、1997年)

  • ホームページ -

    電子メール sugawa@shimonoseki-cu.ac.jp