レファレンスサービス

レファレンスサービスとは

利用者の皆さんの学習・研究・調査を支援するために、文献・情報検索に関する様々な質問や相談にお答えして、必要な情報の提供や適切な検索方法の紹介を行うサービスのことです。
例えば

などです。
このような時は、お気軽にカウンターまでご相談ください。

よくある質問についてのQ&A

Q1:
請求記号上配架されているはずの場所に資料がありません。

A1:
請求記号だけで探しても見つからないことがあります。OPAC検索結果詳細画面の所蔵情報にある配架情報に注目します。

  • お探しの資料は書庫に配架されていませんか。閲覧室以外にも資料の配架場所があります。
  • 特設コーナー(指定図書、文庫、中国関係など)に配架されていませんか。
  • 貸出中の資料ではありませんか。カウンターで予約の手続きを行ってください。
  • 他の利用者が館内で閲覧中の場合があります。

OPAC(蔵書検索)「所蔵情報」欄の表示例

(例1) 閲覧室に配架中

図書ID : 127843
請求記号 :364.04/H
配架情報 :閲覧室 
資料形態 :図書

(例2) 特設コーナーに配架中

図書ID : 044512
請求記号 :081/I-1/762
配架情報 :閲覧室(文庫コーナー) 
資料形態 :図書

(例3) 学生に貸出中

図書ID : 129977
請求記号 :338.7/A/17
配架情報 :閲覧室 ★200X年X月 X日 まで貸出中
資料形態 :図書

(例4) 教員に貸出中

図書ID : 167900
請求記号 :332.107/M
配架情報 : ★貸出中(教員研究用図書)
資料形態 :図書

検索結果詳細画面


学生に貸出中の時は返却期日が表示されますが、教員に貸出中の時は返却期日が表示されません。

Q2:
ある論文・記事を読みたいのですが、掲載雑誌がわかりません。

A2:
国立情報学研究所のCiNii※NII論文情報ナビゲータ、通称「サイニイ」)を利用します。

  • CiNii検索画面より論文・記事名で検索して、収録雑誌名・出版年・巻号数・ページ数を確認します。
  • 論文・記事名が曖昧な場合は、部分検索による絞り込み検索も可能です。
  • 確認した雑誌名等の情報で、本学図書館での所蔵確認を行います。
  • 本学図書館にある場合は、請求記号と配架情報で配架場所を特定し、現物を探してください。
  • 本学図書館にない場合は、他の大学・研究機関より複写物を取り寄せることができます。また、所蔵館へ直接出向いて閲覧するための紹介状を発行しています。ご希望の方はカウンターまでお申し出ください。


CiNiiNII論文情報ナビゲータ)は、国立情報学研究所が運用する学術論文情報を検索の対象とする論文データベース・サービスです。検索対象には、学協会誌・大学研究紀要・国立国会図書館の雑誌記事索引データベースなどが含まれます。
CiNii

Q3:
統計データを探すにはどのような方法がありますか。

A3:
どのような統計資料があるか、求めるデータがどの統計資料に掲載されているかを調べるには、以下の資料を利用します。キーワード検索や分野別の内容などそれぞれに特徴があります。

  • 「統計情報インデックス」 総務省統計局編 年刊
  • 「統計調査要覧」 総務省統計局統計基準部編 年刊
  • 「統計ガイドブック:社会・経済」第2版 1998 大月書店

統計資料には二次資料と呼ばれる資料があります。これは、元になる統計情報を集めてテーマ別に編集したり、一定期間のデータの推移を掲載したものです。二次統計を利用することによって、基本的な統計データを簡単に知ることができます。また、出典の記載から元の統計に遡ることもできます。

  • 「日本統計年鑑」 総務省統計局編 年刊
  • 「日本の統計」 総務省統計局編 年刊
  • 「日本国勢図会」 矢野恒太記念会編 年刊
  • 「日本長期統計総覧 全5巻」 総務省統計局編
  • 「完全昭和国勢総覧 全4冊」 経済新報社

このほかにも、最近は、Webで調べることができる統計資料が増えてきました。代表的なものは以下のとおりです。

Q4:
新聞記事の探し方は?

A4:
まず、新聞名と掲載年月日を特定しましょう。検索はCD-ROMを利用すると大変便利です。
CD-ROMには、記事そのものが入手できる全文記事情報ツールと、記事の見出しや掲載年月日などの書誌情報のみを入手できる索引ツールの2種類があります。

全文記事情報ツール

  • 朝日新聞記事データベース(1999-2005)
  • 日経全文記事データベース(1999-2005)
  • 日経全文記事データベース(4紙版 DVD-ROM 1975-2011※2009年以降は3紙版に変更)
  • 読売新聞(明治・大正・昭和・平成19年-28年)
  • 毎日新聞全地方版(平成19年-28年)

索引情報ツール

  • 戦後50年朝日新聞見出しデータベース(1945-1995)

全てキーワード検索が可能で、大変便利です。但し、写真などの画像データが掲載されていない場合や、デジタルデータでは判読しづらい場合もあり、新聞原紙や縮刷版(冊子体)と組み合わせて利用するのが良いでしょう。なお、2階閲覧室で閲覧できる新聞については、原紙を1年間保管しています。

新聞記事検索・閲覧用CD-ROMの利用方法、縮刷版(冊子体)・新聞原紙の配架場所については、カウンターでお尋ねください。

Q5:
利用したい資料が本学図書館にありません。

A5:
相互利用サービスという制度があります。利用したい資料が本学図書館にない時、他の大学や研究機関が所蔵する資料を利用することができます。主なサービスの内容は以下のとおりです。ご希望の方はカウンターでお申込みください。

  • 他館訪問利用
    …他の大学や研究機関を直接訪問して資料を閲覧する時に必要となる紹介状を発行します。
  • 現物貸借依頼
    …他の大学や研究機関が所蔵する図書を借用して、本学図書館内で一定期間閲覧します。借用した図書の貸出はできません。
  • 文献複写依頼
    …他の大学や研究機関が所蔵する資料の必要部分の複写物を取り寄せます。

なお、現物貸借依頼や文献複写依頼は、郵送料・複写手数料等の経費を利用者が実費負担します。

また、大学図書館に所蔵していない資料を公共図書館が所蔵していることもあります。利用する際は、当該図書館の利用規則に従ってください。

近隣の公共図書館