ホーム > 大学概要 > 理事長からのメッセージ > 理事長室より

学長からのメッセージ
理事長からのメッセージ
理念と歴史
3つのポリシー
教員研究業績・教員評価・授業評価
教育情報の公表(法定事項)
法人情報
シンボルマークとスローガン
教育活動
国際交流
卒業後の進路
広報
同窓会

理事長室より

「ウオークビズ&ベジタブルビズ」(2016年12月12日)

 下関市地域保健・職域保健連携推進協議会(事務局:下関市保健部成人保健課)の呼びかけのウオークビズ&ベジタブルビズに本学の教職員有志で参加しました。参加要領は、事業所内で2~5人のチームを作り、ベジタブルビズ(10月1日~7日の7日間)とウオークビズ(10月8日~11月9日の33日間)に取り組むというものです。
 今年で5年目、今回ベジタブルビズが新たに加わりました。1日に食べた野菜のおかずの量を小鉢1皿を1ポイントとし、期間中、チーム全員が31ポイント以上となるように取り組み、ウオークビズは、従来通り各人が1日の目標歩数を設定し、起床から就寝までの歩数を記録し、チームの一人当たりの1日平均を競うというものです。今回は、市内の19事業所、65チームが参加し、また、市役所内で57チームが参加しました。

 本学は4チーム18人が参加し、成績は次の通りでした。チームA:べジポイントノークリア、10,549歩、チームB:ベジポイントクリア、10,794歩、チームC:ベジポイントノークリア、7,939歩、チームD:べジポイントノークリア、8,445歩で、私の個人記録は41.5ポイント、8,832歩(目標8,000歩以上で、目標はクリア)というものでした。
 今年の市長表彰は、例年と異なっており、(1)チーム平均歩数11,000歩以上の部、(2)チーム平均歩数8,000歩以上11,000歩未満の部、(3)チーム平均歩数8,000歩未満の部、(4)ネーミング賞という基準でした。

 本学ではチームBが(2)の部で第1位となり、市長表彰の対象となりました。チーム全員の4人が表彰式に参加し、市長応接室にて市長より表彰状、景品を授与されました。チーム全員で下関市長と「こころん」(保健部マスコットキャラクター)と一緒に記念写真に納まりました。また、Bチームはベジポイントでもチーム全員が31ポイント以上で、賞状と野菜3.5㎏をいただきました。私もチームBの一員で、あまり足を引っ張ることなく、うれしい思いをしました。メンバーの皆さんに感謝です。
 なお、本学の4チームはすべて表彰対象になりました。チームAはチーム名「千里の道は散歩から」がネーミング賞第2位、チームDは特別賞(全体で30位)、チームCは8,000歩未満で第3位でした。

 本学の参加者の打ち上げは13人の参加で、お互いの頑張りを称え合いました。そして、学内基準の表彰もありました。基準はその場で発表し、(1)最高歩数(素晴らしかったで賞)、(2)1万歩以下(この調子を続けま賞)、(3)5千歩以下(もうちょっと歩きま賞)、(4)ベジポイント35ポイント(ぴったり賞)、(5)ブービー賞(もうちょっと歩きま賞)で、この順番に景品を選択する、不参加の場合は次位の者という方式でしたが、お楽しみ表彰でした。

 私たちはとかく運動不足になりがちです。健康維持には運動と食事が大切です。これからもウオークビズ&ベジタブルビズの精神で、歩くことと野菜を食べることに心掛けたいものです。ちなみに私の歩数目標は無理のない1日5千歩にしました。頑張るつもりです。