ホーム > 学生生活 > キャンパスライフQ&A

キャンパスライフQ&A

(※件名をクリックすると移動します)

Q1.大学周辺の環境や交通アクセスについて教えてください。

 大学は、JRの山陽本線と山陰本線との分岐点の近くで、下関市のほぼ中央に位置します。緑あふれる丘陵に囲まれた住宅街の一角にあって、環境は静かで快適です。すぐそばには郵便局、銀行、病院などの公共施設もそろっており、大きなスーパー、商店や、飲食店も多数あります。
 バス停(山の田や大学町二丁目)は本学の近くにあり、下関駅や唐戸へのバスの便は頻繁です。最寄りのJR幡生駅へは徒歩で20分です。(アクセスマップをご覧ください。)

Q2.入学前に大学内を見学したり、くわしい説明を聞いたりすることができますか。

 キャンパス内の案内や入試の説明を希望される方には、いつでも応対しています。
 毎年夏に、オープンキャンパスを開催しています。学科の内容や入試の説明、また、模擬授業も行って、キャンパス内をご案内します。個別のさまざまな相談にも応じていますのでぜひご参加ください。
 5月から10月にかけては、西日本各地で開催される入試説明会に参加していますので、最寄りの会場までどうぞお越しください。

Q3.下宿やアパートについて教えていただけますか。

 新入生の皆さんには、入学手続きが始まる頃から、キャンパス内で生活協同組合(生協)が物件の紹介を行っています。

Q4.大学が行っている生活支援制度にはどのようなものがありますか。

 授業料の納入が困難な学生に対しては、授業料免除や分納の制度があり、半期ごとの申請を受け付けています。
 独立行政法人日本学生支援機構や種々の地方自治体などによる奨学金制度などもあります。

Q5.入学後はアルバイトをしたいと思っていますが、アルバイト先の紹介はありますか。

 アルバイトを希望する学生に対しては、学生支援班でさまざまなアルバイト先を紹介しています。
 アルバイトは勉学やキャンパスの活動に支障がない程度で行ってください。

Q6.留学や外国での研修ができたらいいなと思っていますが、どんなカリキュラムがありますか。

 短期と長期の留学制度があります。
 短期留学(外国研修 2週間から1ヶ月)は、毎年夏休みを利用して、英語圏・中国語圏・朝鮮語圏にでかけ、ホームステイをしたり、姉妹大学などで授業を受けたりするほか各地への見学・旅行もあります。これによって2単位が修得できます。
 長期留学(派遣留学 1年以内)は、青島大学(中国)・北京大学(中国)・銘傳大学(台湾)・東義大学校(韓国)・木浦大学校(韓国)・クイーンズランド大学(オーストラリア)・グリフィス大学(オーストラリア)・ロス メダノス カレッジ(アメリカ)・アルゴマ大学(カナダ)・ルートヴィヒスハーフェン経済大学(ドイツ)・ボアジチ大学(トルコ)への派遣留学制度があり、それぞれ毎年5名以内を派遣しています。

Q7.卒業後の就職探しが心配です。どのような就職指導や案内が行われていますか。

 キャリアセンターを拠点に、教職員が一体となって、学生に対する就職・進路支援を行っています。専門のスタッフが常駐して就職の斡旋を行うほか、就職ガイダンスなど各種支援プログラムを通じて、就職活動のノウハウを提供しています。また、業界や企業を知るための合同業界研究会や個別企業説明会の開催、3年生全員に対する個別進路相談の実施など、学生1人ひとりのキャリアデザインと就職活動について幅広くサポートしています。