logo 

平成22年関門地域共同研究会 成果報告会 開催

 6月29日、平成22年関門地域共同研究会 成果報告会を海峡メッセ下関8階会議室にて開催しました。

 成果報告会では、北九州市立大学と下関市立大学より4名の発表者による報告がありました。本年は「関門 地域における企業の雇用ニーズと若年者の能力」をテーマとして研究してきました。

 <発表内容>
      1.北九州市の学卒労働市場と若年者雇用
        晴山 英夫(北九州市立大学経済学部 教授)
      2.北九州地域の大学・実業高校等の就職地域
        吉村 英俊(北九州市立大学都市政策研究所 教授)
      3.下関雇用動向調査と若年者就業意識等から見えるもの
        道盛 誠一(下関市立大学経済学部 教授)
      4.北九州の企業と北九大生の社会人基礎力に関する現状
        真鍋 和博(北九州市立大学地域創世学群 准教授)
      5.下関市内事業所の若年者雇用ニーズと市内若年者の社会人基礎力の現状
        道盛 誠一(下関市立大学経済学部 教授)

報告会1 報告会2
成果報告会の様子 道盛 誠一 教授

[掲載日:2010.7.1]

【お問い合わせ先】
公立大学法人下関市立大学
経営企画グループ地域共創班
TEL. 083-254-8613

Copyright(C) Shimonoseki City University. All rights reserved.