logo 

鯨資料室聞き取り調査を実施しました。

 9月8日(木)に、鯨資料室聞き取り調査を実施しました。

 本学鯨資料室では、商業捕鯨に携わってこられた方に対して聞き取り調査を行い、捕鯨という存在がどういうものであったか、当時の労働環境はどういう状態であったかを明確にし、映像として記録しています。こうした手法はオーラルヒストリーと呼ばれ、近年注目されている調査方法です。

 本年は、かつて大洋漁業に勤め捕鯨船の航海士や船長、砲手などを努められた沖吉明様にご協力いただき取材を行いました。

 聞き取り調査では、捕鯨船・母船の船内での様子や、具体的な捕鯨方法・解体方法などについてお伺いし、収録いたしました。

 収録した映像は編集作業が終わり次第、本学附属地域共創センターにて公開を行う予定です。

沖吉さん 撮影中
取材にご協力いただいた沖吉明様 取材中の様子
[掲載日:2011.9.12]

【お問い合わせ先】
公立大学法人下関市立大学
事務局経営企画グループ地域共創班
TEL. 083-252-0288 / FAX. 083-252-8099

Copyright(C) Shimonoseki City University. All rights reserved.