トピックストピックス

ホーム > 2016(平成28)年度 > 市民大学公開講座『ゲストハウスによる楽しい空間づくり』を開講しました

トピックス

市民大学公開講座『ゲストハウスによる楽しい空間づくり』を開講しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

 平成28年7月12日(火)から8月30日(火)の期間、全5回に渡り市民大学公開講座「ゲストハウスによる楽しい空間づくり~下関市を観光で元気づけるための秘策」が開講されました。
 下関市阿弥陀寺町にて運営されているゲストハウス「ウズハウス」に関わる下記の講師をお招きし、その取り組み事例や先進事例についてお話をいただきました。また座学だけではなく、最終日には「ウズハウス」に赴き実際に現場を見ることにより、唐戸・赤間地域を中心に地域住民と観光客のコラボによる可能性についてより深く考えることができました。

 ◆第1回 7月12日(火)
 「唐戸のゲストハウスを活用した賑わいづくり」
 沖野充和氏(ウズハウスプロジェクト代表)

◆第2回 7月26日(火)
 「ゲストハウスによる地場企業のチャンス~変わる下関は地ソースを世界に広めるチャンス」
 勝俣貴仁氏(株式会社勝俣商会 取締役部長)

◆第3回 8月9日(火)
 「まちを活かすリノベーション~わいわい楽しむDIY」
 木村大吾氏(Remonoseki project 代表)

◆第4回 8月23日(火)
 「ゲストハウスの地域での役割~山口県萩市での活動をもとに」
 塩満直弘氏(ruco owner)

◆第5回 8月30日(火)
 「ゲストハウスによる地域活性化の可能性~観光客と一体になって」
 難波利光氏(下関市立大学経済学部 教授)

 

 秋学期にも市民大学公開講座を開講しますので、多くの市民の皆様のお申込みをお待ちしております。講座情報は大学HP「市民大学公開講座」よりご確認ください。

 

[掲載日:2016.9.9]

【お問い合わせ先】
下関市立大学附属地域共創センター
TEL. 083-254-8613 / FAX. 083-253-1622
E-mail. chiikikyoso@shimonoseki-cu.ac.jp