トピックストピックス

ホーム > 2018(平成30)年度 > サークル「日本遺産探Q会」が、日本遺産「関門“ノスタルジック海峡”~時の停車場近代化の記憶~」認定1周年記念イベントで研究成果を報告しました

トピックス

サークル「日本遺産探Q会」が、日本遺産「関門“ノスタルジック海峡”~時の停車場近代化の記憶~」認定1周年記念イベントで研究成果を報告しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

 下関市と北九州市が協力して去年4月に「関門“ノスタルジック海峡”~時の停車場、近代化の記憶~」が日本遺産に認定され、2018年4月22日にその1周年記念イベントがシーモール下関で開催されました。
そこで、共同自主研究の取組を発展させて結成したサークル「日本遺産探Q会」の6名が、下関市教育委員会文化財保護課の協力も得ながら行ってきた下関側の日本遺産に関する研究成果を報告し、研究成果をまとめたパンフレット「下関“成長”物語ver.1」を配布しました。
関連する紙芝居も披露して、下関市などの地域づくりに貢献しました。

(公共マネジメント学科 教授 水谷 利亮)