ホーム > 大学概要 > 教育情報の公表(法定事項) > 研究者(教員)情報

研究者(教員)情報

Paul Collett (ポール コレット)

職位 経済学部 特任教員

学位 修士

学歴 昭和61年 :カンタベリー大学(クライストチャーチ市、ニュージーランド) 心理学部心理学専攻卒業
平成元年 : 同大学大学院理学研究科修士課程修了

担当科目 英語実習a・b・c・d・e・f・g・h・i

所属学会 The Japan Association for Language Teaching (JALT;全国語学教育学会)

専門分野 英語教育、外国語学習方略、自己調整学習、学習動機、研究方法, コンピューター利用の語学学習法

研究業績報告書 2016年度研究業績(ポール コレット)

主な研究テーマ 日本の英語教育現場における学生のメタ認知的学習戦略の育成に関する研究。
自己調整学習と動機づけ。

私の授業 実際に使用するコミュニケーションを学習します。皆で協力して学習することにより英語力に自信がつきます。

主な研究業績
  • Collett, P., & Daniels, P. (2008). Demonstrating online applications-offline. The Language Teacher, 32(8), pp 34-36.
  • Stapleton, P., & Collett, P. (2008). PAC7 at JALT2008: Untangling the submission process. The Language Teacher, 32(9), pp 28-29.
  • Collett, P., & Sullivan, K. (2008). Investigating learners' use of and attitudes towards an online vocabulary quiz for the study of academic vocabulary. Shimonoseki City University Review, 52, Nos. 1-2, pp 75-92.
  • Collett, P., & Swanson, M. R. (2009). Implementing student management systems. In A. M. Stoke (Ed.), JALT2008 Conference Proceedings, pp 831-848. Tokyo: JALT.
  • Stapleton, P., & Collett, P. (2010). JALT Journal Turns 30: A Retrospective Look at the First Three Decades. JALT Journal, 32(1), pp 75-90.
  • Collett, P. (2010). A case for the Drupal Content Management System. JALT CALL Journal 6(1), pp 57-66.
  • Collett, P., & Sullivan, K. (2010). Considering the use of can do statements to develop learners' self-regulative and metacognitive strategies. In M. Schmidt, N. Naganuma, F. O'Dwyer, A. Imig, & K. Sakai (Eds), Can do statements in language education in Japan and beyond. (pp 167-183). Tokyo: Asahi Press.

  • ホームページ 教員ホームページ

    電子メール collett@shimonoseki-cu.ac.jp