ホーム > 地域共創センター > 地域調査研究部門 > 地域づくり

地域づくり

豊田町で防獣ネット設置活動および森林整備作業

 地域インターンシップとして、下関市豊田町楢原地区の団体「楢原ゆうあい会」の活動をお手伝いしました。今回は、本学の教員2名と学生7名が参加し、2班に分かれて作業を行いました。片方の班では、前回に引き続き、イノシシやシカなどへの対策として、防獣ネット設置を行いました。近年イノシシやシカ、サルなどが現れ、作物を掘り起こして食べてしまうとのことでしたが、今回の作業で、前回から継続していた畑を囲う形での防獣ネット設置を完了させることができました。もう片方の班では、森林整備作業として、歴史道にある木を切るなどして、歩道整備を行いました。楢原ゆうあい会では、今年度特に獣害対策と歴史遺産の活用の2つに力を入れているとのことですが、歩道の整備を行ったことによって、豊田町楢原地区の歴史遺産を歩いて見て回るための歩道を確保することができました。午後には、楢原ゆうあい会の方にご案内いただき、実際に豊田町楢原地区の歴史遺産について歩いて見て回ることができました。豊田町楢原地区での活動は、1年を通して継続される予定で、次回は8月に参加させていただく予定です。今回楢原地区について勉強させていただいた点を、次回の活動の際に活かすことができればと考えています。次回もよろしくお願いいたします。

柵を設置します
ネットをかぶせます
豊田町楢原地区の歴史遺産に
ついて教えて頂いています
活動を終えての集合写真