ホーム > 地域共創センター > 地域調査研究部門 > 地域づくり

地域づくり

豊北地区の活性化に関するワークショップ

 地域インターンシップ活動として、太陽館(滝部公民館)で開催された豊北地区の活性化に関するワークショップに参加しました。
 今回のワークショップには、43名(事務局・学生・教員等を含めた総数は50名)という多くの方が参加されました。6つの班に分かれ、10年後の理想の豊北に向け、変えたいこと・残したいことを考えました。3時間にわたるワークショップでしたが、和気あいあいとした雰囲気の中、活発な議論を行いました。うち1班は豊北高校の生徒のグループの参加でした。議論や発表もとてもうまく進められ、大人顔負けの内容となっていました。
 市大からの参加学生は、ワークショップ運営の補助係として参加しました。自分たちの豊北地区の将来を熱心に議論する様子に触れることで、まちづくり活動への関心を高めてくれたと思います。「楽しそうに議論している豊北地区の方々の様子を見て、自分自身もとても楽しかった」との感想もありました。

コーディネーターの菅正史准教授
ワークショップの説明
会場の様子
各グループの討論
埋まったワークシート
豊北高校の学生による報告