ホーム > 学部・大学院 > 経済学科

経済学科

経済学の専門知識を修得し、現代社会の諸問題を分析

経済学科動画紹介 動画

経済学科の特徴

1.経済や社会を幅広く重層的に学ぶ。

 皆さんはどのような経済や社会に関心を持っていますか。経済学科では世界の経済、日本の経済、地域の経済・社会のいずれについても幅広く学ぶことができます。また、これらの経済や社会を広い視野で多様な視点から考える力を身につけるカリキュラムとなっています。

2.個性に応じた学び方で経済や社会の理解を段階的に深める。

 皆さんの得意な分野、興味のあるテーマは何ですか。経済学科では、4年間のカリキュラムを通じて、経済や社会の理論・政策・歴史を段階的に修得していきます。特に2年次以降では4つの科目群から、それぞれの学生の興味や関心に応じて、分野やアプローチを選んで学習していきます。

3.創造的に経済的・社会的諸問題にかかわる力を養う。

 皆さんは大学卒業後どんな社会人になりたいですか。経済学科では、いずれの分野・アプローチを選択したとしても、4年間の学習を通じて経済・社会の基礎・基本・応用知識を修得し、現代社会に適応しうる創造的で教養豊かな高度職業人を育てます。4年間を通じて身につけた力は、就職活動はもちろん卒業後も社会で発揮されることでしょう。

 

カリキュラムポリシー(教育課程の編成方針)

 経済学科は、現代社会が当面する経済的・社会的諸問題に関わる理論・政策・歴史を体系的に学習する科目を配置しています。
 1、2年次にミクロ経済学、マクロ経済学、経済原論等の専攻基礎科目を確実に修得します。また2年次から4科目群(A.金融・経済分析、B.財政・社会政策、C.グローバル経済、D.地域経済・社会)の専攻基本科目を幅広く学習します。3年次からは4科目群の内、1群を選択し、同群の専攻応用科目を学ぶことを通じて専門性を高めます。
そして、専門演習を通じて研究を深め、4年次の卒業論文の作成によってこれまでの学習の集大成を行います。

A. 金融・経済分析
経済政策、計量経済学等を通じて経済を分析する能力を学ぶとともに、金融論、国際金融論などを通じて金融の理論と政策を学びます。

B. 財政・社会政策
財政学、社会政策等を通じて政府の活動と理論を学びます。また労働経済論、環境資源経済学等を通じて、労働・環境問題等の理論と政策を学びます。


C. グローバル経済
国際貿易論、国際政治経済学などを通じてグローバル経済の理論と実際を学びます。また中国経済論、韓国経済論等を通じて各国経済の制度と現状を学びます。


D. 地域経済・社会
経済地理学や地域論を通じて地域と経済の関係を学ぶとともに、地域産業論・都市社会学などを通じて地域の経済や社会のあり方を学びます。

4年間のカリキュラム
 
経済学の基礎
A.
金融・経済分析
B.
財政・社会政策
C.
グローバル経済
D.
地域経済・社会
1年 専攻基礎科目
4年間を通じた学習の基礎となる重要な科目です。
       
【必修】
--------
経済学入門
ミクロ経済学I
マクロ経済学I
経済原論I
経済数学
ミクロ経済学II
マクロ経済学II
国際経済学入門
       
2年   経済原論II
経済学史I
経済学史II
日本経済論
経済統計I
経済統計II
東アジア経済論
産業組織論I
日本経済史
西洋経済史
専攻基本科目
各科目群の中でも、基本的な内容を扱う科目です。4群の中から3群を選択し所定の単位数を取得します。
金融論I
金融論II
経済政策I
経済政策II
計量経済学I
財政学I
財政学II
社会政策I
社会政策II
公共経済学
国際マクロ経済学
国際貿易論
国際政治経済学I
アジア経済史
開発経済学
経済地理学I
経済地理学II
地域論
社会調査論
社会学
3年
4年
    産業組織論II 環境資源経済学 国際政治経済学II 地域政策I
専攻応用科目
各科目群の中でも、応用的な内容を扱う科目です。専攻基本科目で選択した3群の中から1群を選択し所定の単位数を取得します。
証券論
リスクマネジメント論
計量経済学II
企業分析論I
企業分析論II
応用ミクロ経済学
金融システム論
保険論
応用計量経済分析
国際金融論
企業金融論
応用マクロ経済学
社会保障論
労働経済論
行政学
地方財政論
地方自治論
現代資本主義論
医療福祉経済論
地方行財政事情
公共マネジメント論
都市環境論
自治体法務論
都市計画論
国際関係論I
国際関係論II
中国経済論I
中国経済論II
開発途上国論
交通論
現代韓国社会論
経済統合論
多国籍企業論
国際協力論
流通論
韓国経済論
都市社会学
生活構造論
水産経済論I
水産経済論II
中小企業論
非営利組織論
内発的発展論
地域政策II
地域福祉論
農村社会学
地域問題論
まちづくり論
地域産業論

※専攻基礎科目、専攻基本科目、専攻応用科目を抜粋。なお、科目名等は変更となる可能性があります。

 

成長のプロセス

経済学科 成長のプロセス

在学生の声

専門分野について幅広く学ぶことができる!
 「経済」と聞くと堅苦しいイメージを持つ人がいるかもしれませんが、その専門領域は広く、必ず興味が見つかる学問だと思います。所属するゼミでは、経済地理学を専門としていますが、ミクロ経済学やマクロ経済学にも関連しており、幅広く専門分野を学ぶことができます。また、複雑な計算や数式などは高校で学んだ数学の知識で問題ないので、数学に対して苦手意識を持っている人でも興味が持てます。
(経済学科4年 佐野文郁さん)

様々な事に挑戦し、自分の世界を広げよう!
 私は、経済学をはじめ様々な学問を学ぶために経済学部に入学しました。一見、経済学科に入学したら経済についてしか学ばないと思われがちですが、それは違います。もちろん、経済学の講義も多くありますが、本学では地方創生や法律など経済学以外の講義もしっかりとあります。私は自分の知識を増やすため、経済学以外の講義も多く取って、考えを深めました。また、学年が上がるごとに専門的な講義も取れるようになり、自分の世界が広がっていくのを日々感じました。
(経済学科4年 本田ひかりさん)

 

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

 下関市立大学経済学部では、現代社会に適応しうる創造的で教養豊かな高度職業人たるべく、基礎教育を通じて論理的思考力を修得し、語学教育を通じて語学力・国際コミュニケーション力を高め、教養教育を通じて幅広い教養を身につけ、所属する学科に応じて以下の専門能力を獲得し、所定の要件を満たした学生に所定の学位を授与します。
 経済学科では、ミクロ経済学、マクロ経済学、経済原論に関する基礎的知識をもとに、経済分析、金融、財政、社会政策、グローバル経済、地域経済・社会に関する理論・歴史・政策の基本的知識を幅広く獲得し、それらのなかから自らの専門分野の応用知識を深く修得し、専門演習等を通じて現代社会が当面する経済的・社会的諸問題を自ら分析し論理的に表現する力を身につけた学生に、学士(経済学)の学位を授与します。

卒業論文のテーマ一例

・たばこに係る課税および増税根拠の変遷-課税の正当性を巡る一考察-
・これからの保育制度を考える-なぜ少子化なのに待機児童問題か-
・ピケティ『21世紀の資本』の可能性-世界的累進課税は格差を是正に導くのか-
・下関市吉母地区における高齢者のデイリーパスに関する時間地理学的考察
・福岡市における屋台の分布と政策的変遷
・女性の就労-両立支援制度と継続就業の課題-
・第四次産業革命が労働需要に与える影響
・寄付としてのふるさと納税-地域活性化と公平性の観点から-
・魚食文化と日本人
・資本主義の限界点-21世紀は資本主義の転換点-