ホーム > 学部・大学院 > 経済学科

経済学科

経済学の専門知識を修得し、現代社会の諸問題を分析

経済学科の特徴

1.経済や社会を幅広く重層的に学ぶ

 皆さんはどのような経済や社会に関心を持っていますか。経済学科では世界の経済、日本の経済、地域の経済・社会のいずれについても幅広く学ぶことができます。また、これらの経済や社会を広い視野で多様な視点から考える力を身につけるカリキュラムとなっています。

2.個性に応じた学び方で経済や社会の理解を段階的に深める

 皆さんの得意な分野、興味のあるテーマは何ですか。経済学科では、4年間のカリキュラムを通じて、経済や社会の理論・政策・歴史を段階的に修得していきます。特に2年次以降では4つの科目群から、それぞれの学生の興味や関心に応じて、分野やアプローチを選んで学習していきます。

3.創造的に経済的・社会的諸問題にかかわる力を養う

 皆さんは大学卒業後どんな社会人になりたいですか。経済学科では、いずれの分野・アプローチを選択したとしても、4年間の学習を通じて経済・社会の基礎・基本・応用知識を修得し、現代社会に適応しうる創造的で教養豊かな高度職業人を育てます。4年間を通じて身につけた力は、就職活動はもちろん卒業後も社会で発揮されることでしょう。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成方針)

 経済学科は、現代社会が当面する経済的・社会的諸問題に関わる理論・政策・歴史を体系的に学習する科目を配置しています。
 1、2年次にミクロ経済学、マクロ経済学、経済原論等の専攻基礎科目を確実に修得します。また2年次から4科目群(A.金融・経済分析、B.財政・社会政策、C.グローバル経済、D.地域経済・社会)の専攻基本科目を幅広く学習します。3年次からは4科目群の内、1群を選択し、同群の専攻応用科目を学ぶことを通じて専門性を高めます。
そして、専門演習を通じて研究を深め、4年次の卒業論文の作成によってこれまでの学習の集大成を行います。

A. 金融・経済分析
経済政策、計量経済学等を通じて経済を分析する能力を学ぶとともに、金融論、国際金融論などを通じて金融の理論と政策を学びます。

B. 財政・社会政策
財政学、社会政策等を通じて政府の活動と理論を学びます。また労働経済論、環境資源経済学等を通じて、労働・環境問題等の理論と政策を学びます。


C. グローバル経済
国際貿易論、国際政治経済学などを通じてグローバル経済の理論と実際を学びます。また中国経済論、韓国経済論等を通じて各国経済の制度と現状を学びます。


D. 地域経済・社会
経済地理学や地域論を通じて地域と経済の関係を学ぶとともに、地域産業論・都市社会学などを通じて地域の経済や社会のあり方を学びます。

4年間のカリキュラム

(平成28年8月23日更新)

 
経済学の基礎
A.
金融・経済分析
B.
財政・社会政策
C.
グローバル経済
D.
地域経済・社会
1年 専攻基礎科目
4年間を通じた学習の基礎となる重要な科目です。
       
【必修】
--------
経済学入門
ミクロ経済学I
マクロ経済学I
経済原論I
経済数学
ミクロ経済学II
マクロ経済学II
国際経済学入門
       
2年   経済原論II
経済学史I
経済学史II
日本経済論
経済統計I
経済統計II
東アジア経済論
産業組織論I
日本経済史
西洋経済史
専攻基本科目
各科目群の中でも、基本的な内容を扱う科目です。4群の中から3群を選択し所定の単位数を取得します。
金融論I
金融論II
経済政策I
経済政策II
計量経済学I
財政学I
財政学II
社会政策I
社会政策II
公共経済学
国際マクロ経済学
国際貿易論
国際政治経済学I
アジア経済史
開発経済学
経済地理学I
経済地理学II
地域論
社会調査論
社会学
3年
4年
    産業組織論II 環境資源経済学 国際政治経済学II 地域政策I
専攻応用科目
各科目群の中でも、応用的な内容を扱う科目です。専攻基本科目で選択した3群の中から1群を選択し所定の単位数を取得します。
証券論
リスクマネジメント論
計量経済学II
企業分析論I
企業分析論II
応用ミクロ経済学
金融システム論
保険論
応用計量経済分析
国際金融論
企業金融論
応用マクロ経済学
社会保障論
労働経済論
行政学
地方財政論
地方自治論
現代資本主義論
医療福祉経済論
地方行財政事情
公共マネジメント論
都市環境論
自治体法務論
都市計画論
国際関係論I
国際関係論II
中国経済論I
中国経済論II
開発途上国論
交通論
現代韓国社会論
経済統合論
多国籍企業論
国際協力論
流通論
韓国経済論
都市社会学
生活構造論
水産経済論I
水産経済論II
中小企業論
非営利組織論
内発的発展論
地域政策II
地域福祉論
農村社会学
地域問題論
まちづくり論
地域産業論

※専攻基礎科目、専攻基本科目、専攻応用科目を抜粋。なお、科目名等は変更となる可能性があります。

 

成長のプロセス

経済学科 成長のプロセス

在学生の声

興味がある分野を見つけ、専門性を高めよう!
 私は、幅広いことが学べるのではないかという漠然とした理由から経済学部で学ぶことを決めました。勉強していくうちに自分の興味があることを見つけられれば良いなと思っていました。経済のことを基礎から学んだのち、ミクロ経済学に興味を持ちました。数学的な経済の勉強をしているのに、行動心理学も同時に学ぶことができ、とても興味深い分野だと思います。そのためゼミでは、ミクロ経済学を中心に専門性を磨き、将来に繋げたいと考えています。
(経済学科4年 内田沙也加さん)

新たな自分を見つける4年間
 経済学科では、地域経済や日本経済など生活している中で馴染みのある分野だけでなく、世界経済のような大きな視点で学ぶこともできます。経済学史や経済史のような歴史系の科目もあります。本学では在籍している学科以外の講義を受講できます。自分が少しでも興味がある分野、あるいは今まで関わりがなかった分野についても受講できます。そして、その中で新たな自分に気づくことができます。私自身、高校時代には勉強していなかった地域創生に力を入れて勉強しています。
(経済学科4年 成岡雅広さん)

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

 下関市立大学経済学部では、現代社会に適応しうる創造的で教養豊かな高度職業人たるべく、基礎教育を通じて論理的思考力を修得し、語学教育を通じて語学力・国際コミュニケーション力を高め、教養教育を通じて幅広い教養を身につけ、所属する学科に応じて以下の専門能力を獲得し、所定の要件を満たした学生に所定の学位を授与します。
 経済学科では、ミクロ経済学、マクロ経済学、経済原論に関する基礎的知識をもとに、経済分析、金融、財政、社会政策、グローバル経済、地域経済・社会に関する理論・歴史・政策の基本的知識を幅広く獲得し、それらのなかから自らの専門分野の応用知識を深く修得し、専門演習等を通じて現代社会が当面する経済的・社会的諸問題を自ら分析し論理的に表現する力を身につけた学生に、学士(経済学)の学位を授与します。

卒業論文のテーマ一例

・「老老介護」の現状と課題 −日本の高齢化状況と公的介護保険制度をふまえて−
・イギリスの産業資本確立期における労働者階級への児童教育
・真の一億総活躍社会の実現に向けて-経済的見地からのアプローチ-
・対日直接投資の成功と失敗−FTAによる企業生産性向上の可能性−
・防災投資の有効性ー都道府県パネルデータを用いた実証分析ー
・スマートフォンの出現による国内ゲーム市場の変化と展望
・原料輸送のための鉄道の展開と跡地の利用について −山口県宇部市を事例として−
・近代化産業遺産を活かした地域活性化 −福岡県飯塚市を事例に−
・年金と生活保護制度−高齢者の最低所得保障に向けて−
・マーシャルの経済騎士道