ホーム > 学部・大学院 > 大学院経済学研究科

研究科の概要

新たな時代の潮流に対応する開かれた大学院

 これまで、大学新卒者の他に、下関地域を中心とする現役社会人、定年退職者そして韓国・中国からの留学生など多様なメンバーを受け入れ、また送り出してきました。本学大学院の特徴は、少人数制にあります。院生同士が知識や経験に基づいた意見を交換し、お互いに刺激しあい、また教授陣による昼夜開講講義・研究指導など、親身な支援体制が整えられています。
 本学大学院で、キャリアアップをはかろうとするみなさんのチャレンジを期待します。

カリキュラムポリシー(教育課程編成方針)

 現代の経済社会システムやビジネスをめぐる諸問題に関する高度な学習と創造的研究を通じて、高度な専門的職業人を養成するため、経済学と経営学の基礎の上に、産業、地域、コミュニティなどにかかわる科目群(「経済コミュニティシステム」分野)と、会計、情報、東アジアなどにかかわる科目群(「国際ビジネス」分野)を置き、学生の関心に応じて幅広く学ぶことができるカリキュラム編成としています。

教員専修免許状の取得について

履修方法

 学生は入学時に選んだ研究指導科目(演習)の担当教員の指導の下で、必要な科目を選択・履修します。原則として1年次に関心に応じて講義科目を履修し、2年次では演習を中心に修士論文の作成を行います。修了のためには、研究指導教員が行う演習8単位を含めて30単位以上を修得し、修士論文審査に合格することが必要です。

※修学期間の短縮・延長ができます
適当と認められる学生については、1年間の修学で課程を修了できる制度や、2年間の学費で3年間または4年間の履修期間を選択できる長期履修学生の制度を設けています。

ディプロマポリシー(学位授与方針)

 修士(経済学)の学位は、高度な学習と創造的研究によって高度な専門的知識や能力を身につけ、「大学院学則」と「経済学研究科履修規程」に基づく所定の要件を満たした者に授与します。

アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

 少子高齢化やグローバル化の進展などに伴って、国内外の社会・経済環境は大きく変貌を遂げつつあり、新たな時代を切り開く専門的知見が求められています。本研究科では、このような時代の要請に鑑みて、次のような意欲を持った学生の入学を期待しています。

・経済・経営分野における高度な学習や創造的研究を通じて、新たな知見と能力の獲得を目指す人
・高度な学習や研究で得た専門的知識を活用して、広く内外のビジネスの場や公共機関等で活躍できる高度専門的職業人を目指す人
・社会人としての経験を踏まえた創造的研究によって高度な専門的知見や能力を身につけ、研究成果を地域などの社会的実践の場において活用することを目指す人

社会人学生への対応 <昼夜間開講と長期履修制度>

 在職の社会人学生を対象に、夜間、土曜日、休日にも研究指導や授業を行います。これと休業期(夏季・冬季)の集中講義などを組み合わせることで、必要な単位を取得できる時間割編成を行います。また長期履修制度を利用すれば、余裕を持って履修することができます。さらに次のような特別プログラムを選択することもできます。

実学を重視した社会人教育プログラム(プロジェクト研究による教育プログラム)

 社会人を対象に、実践的問題解決能力を涵養するために「プロジェクト研究」教育プログラムを導入しています。これは「特定の課題」について、右記のプロジェクトスタディ科目の履修を通じて研究し、その成果をもって修士論文に代えることができるというプログラムです。

プロジェクトスタディ科目
1年春 リサーチメソッド
フィールドワーク(聞き取り・質問表調査)または公表データの調査・分析を進める上で有効と考えられる知識・手法を解説します。
1年秋 テーマサーベイ
研究テーマを決定するために、先行研究および参考文献、参考資料、データなどによりフィールドワークを中心とした調査研究を行います。
2年春 プロジェクト研究I
研究テーマについて、参考文献、参考資料、データなどによりフィールドワークを中心とした調査研究を行います。
2年秋 プロジェクト研究II
リサーチメソッド、テーマサーベイ、プロジェクト研究Iを基礎にテーマを掘り下げて、「特定の課題」の成果としてまとめます。

実学を重視した社会人教育プログラム