ホーム > 大学概要 > 理念と歴史

学長からのメッセージ
理事長からのメッセージ
理念と歴史
3つのポリシー
教員研究業績・教員評価・授業評価
教育情報の公表(法定事項)
教育情報の公表(教職課程)
法人情報
シンボルマークとスローガン
教育活動
国際交流
卒業後の進路
広報
同窓会

下関市立大学3つの理念

教育と研究の一体性に基づく新たな知の創造

 大学とは、なによりもまず、学生と教員がともに手をたずさえて新たな知の創造をめざす共同組織です。このために教員には、研究能力にとどまらず、みずからの研究成果を教育に十分反映させることのできる教育力が求められます。そして学生もまた、教えを受けるという受け身の姿勢にとどまることなく、みずから「学ぶ力」を高め、旺盛な研究心を発揮することが求められます。本学は、このような教育と研究の一体性を堅持し、教員の教育・研究能力と学生の「学ぶ力」をともに高めて、新たな知の創造に努めます。

東アジアを中心に広く世界に目を向けた教育と研究

 三方を海で囲まれた下関は、古来、朝鮮半島や大陸との人的、物的交流の結節点であり、ここを基点として同心円が拡大するように、多様な国際関係が形成されてきました。下関から東アジア、さらには世界へと目を向けることで、現在の国際関係がどのような構造を持っているのか、またそれがどのようにして作られてきたのかを理解することができるのです。本学は、こうした地の利を活かし、国際社会における人々の交流と共生のあり方についての理解を深め、新たな展望を切りひらくことをめざします。

地域社会の知的センターとして地域に根ざした教育と研究

 地方都市に設置された公立大学として、豊かな地域社会の創成に貢献することは本学の重要な責務です。このために、本学の教育と研究は深く地域に根ざしたものでなければならないと考えています。地域社会がかかえる諸問題を市民とともに考え、解決策を探ります。また他方では市民の生涯学習への対応などのために、大学の知的資源を積極的に開放し活用していきます。本学は、そのような「市民の大学」すなわち市民をも交えた知の交流と創造の場として、地域社会の知的センターとなることをめざします。

 

下関市立大学の教育と研究は、以上の3つの理念に基づいて、

1. バランスのとれた教養豊かな高度職業人を養成すること
2. 地域社会及び国際社会の発展に寄与すること


を目的としています。

大学の歴史

1956. 4
下関商業短期大学開学
1962. 4
下関市立大学開学 経済学部経済学科 入学定員100名
1975. 4
入学定員を200名に増加
1978. 4
教職課程を設置
1983. 4
国際商学科増設 入学定員100名
同学科に教職課程を設置
1988. 4
国際商学科の入学定員を200名に増加
外国人留学生の受入れ開始
1989.10
中国・青島大学と交流協定を締結
1990. 1
韓国・東義大学校と交流協定を締結
1990. 4
附属産業文化研究所を設置
1992. 4
入学定員を各学科250名に増加(臨時)
1994.11
オーストラリア・グリフィス大学と交流協定を締結
1997. 5
オーストラリア・クイーンズランド大学と交流協定を締結
2000. 4
大学院経済学研究科開設
2003. 3
下関四大学連帯交流協定を締結
2003.10
中国・北京大学と交流協定を締結
2004.11
アメリカ・ロス・メダノス・カレッジと交流協定を締結
2006. 5
大学コンソーシアムにやまぐち加入
2007. 4
公立大学法人下関市立大学設立
2007.11
鯨資料室を開設
2008. 3
鹿児島大学大学院人文社会科学研究科との学術交流協定を締結
2008. 4
附属地域共創センターを設置
2008.10
ふく資料室を開設
2008.12
大学コンソーシアム関門に加入
2009. 6
トルコ・ボアジチ大学と交流協定を締結
2010. 5
韓国・木浦大学校と交流協定を締結
2011. 4
公共マネジメント学科増設 入学定員60名
2012. 7
台湾・国立聯合大学と交流協定を締結
2014. 7
ドイツ・ルートヴィヒスハーフェン経済大学と交流協定を締結
2015. 6
カナダ・アルゴマ大学と交流協定を締結
2015. 8
台湾・銘傳大学と交流協定を締結
   

 

大学の概要

学部・学科(定員)
経済学部(450名)
- 経済学科(195名)
- 国際商学科(195名)
- 公共マネジメント学科(60名)
専任教員
58名 (うち外国人教員1名)
特任教員
7名 (うち外国人教員4名)
在学生
2,242名 (うち外国人留学生52名)

 

大学院の概要

研究科・専攻(定員)
経済学研究科(10名)
- 経済・経営専攻(10名)
- 経済社会システム専攻(平成27年4月募集停止)
- 国際ビジネスコミュニケーション専攻(平成27年4月募集停止)
専任教員
31名
在学生
14名 (うち外国人留学生8名)