ホーム > 学生生活 > 課外活動

課外活動

「安全で健康的」な活動を

 課外活動は、正規の授業以外に行う学生の自主的かつ組織的な諸活動であり、学生生活の中で重要な役割をしめています。本学でも、体育会・文化会のもとに課外活動が盛んに行われていますので、安全かつ健康的で無理のない活動を実践することで大学生活を快適に送り、心身共に健全な人格を形成することを期待します。

課外活動(サークル等)での問題は学友会執行部または学生支援班へ

学友会執行部(学友会館2階)
学務グループ学生支援班 Tel 083-252-0289 (内線206・207)

サークルへの注意

学内施設使用について
 使用許可がないまま学内施設を使用し、他団体とトラブルになっているケースがあります。学内施設を使用する際は、必ず事前(原則1週間前まで)に使用申請し、使用許可を得てください。
学内施設使用時間について
 サークル部室等専用施設は午前7時から午後10時まで、体育館等共用施設は午前9時から午後9時までと、使用時間が定められています。後片付けの時間も含めて使用時間ですので、指定時間以外は使用しないよう、徹底してください。
 また、使用後は消灯、換気扇・エアコン等の停止、窓の施錠等を必ず確認してから退室してください。
集会・行事等開催、行事等参加について
 学内で集会・行事を開催する際、または学外での行事に参加する際には、必ず届を提出してください。行事の間に怪我や事故が発生した場合、正式な届があれば学研災が適用できるケースがあります。

AED(自動体外式除細動器)

 AEDとは、心臓がけいれんし機能を失った状態に陥った際に、心電図を自動的に解析し、必要な場合にのみ電気ショックを与え、正常な働きに戻すための医療機器です。
 AEDは、一般市民の使用が認められており、操作は音声ガイドに従って、電極パッドを傷病者の胸部へはりつけ、電気ショックのボタンを押すだけです。スポーツ実践等の授業中や課外活動中に、突発的に心臓や呼吸が止まってしまった場合には、救急車が到着する前に、近くに居合わせた人の適切な処置が重要となります。下記のとおりAEDを設置していますので、救命処置に役立ててください。

AED設置場所(平成24年4月現在)
(1)本館I棟1階レポートボックス上
(2)体育館多目的室
(3)学術センター1階(自動ドア入ってすぐ)

いざという時には・・・
 声をかけても全く反応がなく、呼吸もしていない人が学内に倒れていた場合には、まず周囲の人に協力を呼びかけてください。その際に、近くにいる教職員にも必ず連絡してください。発見者が誰かを呼びに行ったり、AEDを取りに行って患者を一人にすることは危険です。