お知らせお知らせ

ホーム > 2019(平成31)年度 > 2019年度地域共創研究報告会開催のお知らせ(再掲)

お知らせ

2019年度地域共創研究報告会開催のお知らせ(再掲)

このエントリーをはてなブックマークに追加

地域共創研究とは、本学教員が地域貢献の観点から地域課題を見出し、その課題解決に取り組むことを目的とした研究です。この度、2018(平成30)年度研究の成果報告を下記のとおり開催いたしますので、市民の皆様および本学学生の多くのご参加をお待ちしております。

◆日 時:66日(18:3019:30
◆場 所:下関市立大学本館2階 I-206教室
◆参加費:無料
◆定 員:70名
◆申込み:不要(団体でお申込みの場合ご連絡ください)
◆駐車場に限りがございますので、なるべく公共交通機関をご利用ください。

【報告】酒蔵を核としたまちづくりと観光の可能性

報告者:難波利光 経済学部 教授

概 要: 社会資源を活用した酒蔵の観光まちづくりについて考える。研究の対象である兵庫県にある灘の酒
    は3大酒処の1つである。灘地域は、酒蔵を活用し観光やまちづくりに取り組んでいる。この取組
    は、神戸市、西宮市、灘五郷酒造組合、阪神電気鉄道株式会社の4つが官民一体となるモデルとして
    行われている事例である。
     歴史のある街が、観光やまちづくりをどのように今後形成していくのかについて、各機関へのヒア
    リングと歴史的資料を基に考察を行った。そこには、他地域やインバウンドを意識した観光戦略と酒
    蔵の経営問題を内在した課題を秘めた現状が見えた。

  

 

[掲載日:2019.4.17]

【お問い合わせ先】
下関市立大学附属地域共創センター
TEL. 083-254-8613 / FAX. 083-253-1622
E-mail. chiikikyoso@shimonoseki-cu.ac.jp