お知らせお知らせ

ホーム > 2019(平成31)年度 > 2019年度関門地域共同研究会成果報告会開催のお知らせ

お知らせ

2019年度関門地域共同研究会成果報告会開催のお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 下関市立大学附属地域共創センターと北九州市立大学地域戦略研究所で構成する「関門地域共同研究会」は、1994年度から関門地域に関する様々な調査研究に取り組んでいます。
 昨年度(2018年度)は、関門地域を取り巻く諸課題の中から、「アクティブシニア」と「日本遺産」の2分野の研究を行いました。この度、その成果報告会を開催いたします。
 また、成果報告会においては研究報告に加え、シンポジウム「関門地域における“文化財を活かした地域活性化”の可能性」を開催いたします。豊かな文化財を有する関門地域における取組の現状や、関門地域の文化財の持つ力を地域活性化により一層つなげるために必要な事項等について、専門家の方々や両大学の学生が登壇し議論を深めます。
 ぜひともご参加いただけますようご案内いたします。
 なお、準備の都合上、参加の旨を事前にお知らせいただければ幸いです。裏面お申し込み欄に掲載の事項をご記入のうえ、郵送、FAX、Eメールのいずれかの方法で2019年7月23日(火)までにお申し込みください。
 皆様のご参加を、心よりお待ちしております。

◆日 時:2019年7月25日(木)14:00~16:30

◆場 所:西日本総合展示場新館(AIMビル)3階 314・315会議室
     (福岡県北九州市小倉北区浅野3丁目8-1)

◆プログラム:
  開会挨拶 柳井 雅人(北九州市立大学副学長・地域戦略研究所長)

  第1部 関門地域共同研究会 2018年度研究報告
  1)高齢労働者による地域支援活動への意識に関する研究-山口県の事例をもとに-
     難波 利光(下関市立大学経済学部 教授)
     坂本 毅啓(北九州市立大学 基盤教育センター 准教授)
  2)日本遺産「関門“ノスタルジック”海峡」認定後2年間の現状分析
     南  博 (北九州市立大学地域戦略研究所 教授)
  

  第2部 シンポジウム「関門地域における“文化財を活かした地域活性化”の可能性」
パネリスト:黒木 俊彦 氏(JR九州ステーションホテル小倉㈱  代表取締役社長)
      藤本 有紀 氏(下関市教育委員会 教育部文化財保護課 主任)
      泊  圭子 氏(北九州市 産業経済局地域・観光産業振興部観光課 係長)
      福田 悠美  (下関市立大学 経済学部国際商学科4年)
      南  祐輔  (北九州市立大学 地域創生学群地域創生学類4年)
コーディネータ:南  博 (北九州市立大学地域戦略研究所 教授)
  
  閉会挨拶 柳  純(下関市立大学附属地域共創センター長)

 

[掲載日:2019.6.20]

【お問い合わせ先】
下関市立大学附属地域共創センター
TEL. 083-254-8613 / FAX. 083-253-1622
E-mail. chiikikyoso@shimonoseki-cu.ac.jp