ホーム > 大学概要 > 教育情報の公表(法定事項) > 研究者(教員)情報

研究者(教員)情報

中林 浩子 (なかばやし ひろこ)

職位 教養教職機構長 特別支援教育特別専攻科長 教授

学位 修士(教育学)

学歴 星槎大学大学院教育学研究科 教育学専攻 修了  
広島大学大学院人間社会科学研究科 教育学専攻 博士課程 在学中

担当科目 アカデミックリテラシー、教育学、教職論、教育方法論、ダイバーシティ教育実践研究ⅠⅡ、特別支援学校教育実践研究

所属学会 日本学校教育相談学会、日本ピア・サポート学会、日本教育心理学会、
日本教育カウンセリング学会、日本協同教育学会、早稲田大学インクルーシブ教育学会

専門分野 学校臨床心理学、教師教育

研究業績報告書

主な研究テーマ 不登校・いじめ・暴力行為・学級崩壊等に対応できる真の力量を備えた教員に必要な要因を探る「教師の熟達化研究」を行っている。また、教師の協働体制についても、リーダーシップの視点から研究を行っている。
  • 包括的生徒指導における効果的な教員研修のあり方に関する研究
  • 協同学習における教師の自己理解・他者理解が互恵的相互依存関係に及ぼす影響と教師の指導行動のあり方に関する研究
  • 子どもの学ぶ意欲を高める授業デザインと教師の意識に関する研究

  • 私の授業 授業では、UDL(Universal Design for Learning)に基づき、学習方法、内容、評価方法を複数準備したり、リフレクションを工夫したりして、学生自身が自己の学びを自分で調整しながら主体的に学べるようにしている。また、授業中に1回以上は必ず問題解決型学習や協同学習を取り入れ、グループワークやグループディスカッションを取り入れている。

    私のゼミ

    主な研究業績
  • 中林浩子・沖林洋平・栗原慎二『包括的生徒指導の教員研修が教員の教師効力感とメタ認知に及ぼす影響』ピア・サポート研究,16.1-11,2020
  • 中林浩子・栗原慎二『UDLを基軸にした授業改善による児童の変容に関する一考察』 学習開発学研究,14.75-83,2022
  • 栗原慎二編著『マルチレベルアプローチMLA誰もが行きたくなる学校づくり-日本版包括的生徒指導の理論と実践』第2章6,7,68-80, ほんの森出版,2017年
  • 会沢信彦他編著『教育エレク不登校の予防と対応』第9章 ピアサポート142-145, 図書文化社,2020年

  • ホームページ

    電子メール nakabayashi-hi@shimonoseki-cu.ac.jp