トピックストピックス

ホーム > 2019(平成31)年度 > 佐藤(裕)ゼミがフィールドワーク(門司港)を実施しました

トピックス

佐藤(裕)ゼミがフィールドワーク(門司港)を実施しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月24日(水)に、佐藤(裕)ゼミがフィールドワークを実施しました。

 佐藤(裕)ゼミ(専門演習 I)では、毎年3年生の春に下関の周辺の名勝や資料館などを見学しています。今年は、復元(復原)工事が終わり2019年3月10日にグランドオープンした門司港駅、そして、関門海峡のことが学べる(公社)西部海難防止協会 関門海峡らいぶ館を訪問しました。
 関門海峡らいぶ館では、西部海難防止協会の業務概要をご講義いただいた後、関門海峡の海の安全を守る仕組みついて説明していただきました。ライブカメラや船舶自動識別装置(AIS)、行き会い調整システムなど様々な仕組みで関門海峡の航行の安全が守られていることを学ぶことができました。
 学生には、現場に行って見る、携わっている人に話を聞く、など足を使って生きた情報を得る重要さや面白さを味わってもらいたいと考えています。

 西部海難防止協会のみなさま、ご協力いただきありがとうございました。

(基礎教育・教養教育 准教授 佐藤裕哉)

 

[掲載日:2019.4.26]