ホーム > 大学概要 > 国際交流

学長からのメッセージ
理事長からのメッセージ
理念と歴史
3つのポリシー
教員研究業績・教員評価・授業評価
教育情報の公表(法定事項)
教育情報の公表(教職課程)
法人情報
シンボルマークとスローガン
教育活動
国際交流
卒業後の進路
広報
同窓会

教員と学生が一体となった「英知の国際ネットワーク」

友好交流協定校

 本学は、現在、中国・青島市の青島大学、北京市の北京大学、韓国・釜山広域市の東義大学校、全羅南道務安郡の木浦大学校、トルコ・インタンブール市のボアジチ大学、オーストラリア・ブリスベン市のグリフィス大学、クィーンズランド大学、アメリカ・コントラ・コスタ・コミュニティ・カレッジ教育区内の3つのカレッジ(ピッツバーグ市のロス・メダノス・カレッジなど)、台湾・苗栗市の国立聯合大学、台北市の銘傳大学、ドイツ・ルートヴィヒスハーフェン市のルートヴィヒスハーフェン経済大学及びカナダ・スーセントマリー市のアルゴマ大学と友好交流協定を結んでいます。

青島大学(中国)
ホームページ >>
北京大学(中国)
ホームページ >>
東義大学校(韓国)
ホームページ >>
木浦大学校(韓国)
ホームページ >>
ロス・メダノス・カレッジ(米国)
ホームページ >>
グリフィス大学(豪州)
ホームページ >>
クイーンズランド大学(豪州)
ホームページ >>
ボアジチ大学(トルコ)
ホームページ >>
国立聯合大学(台湾)
ホームページ >>
銘傳大学(台湾)
ホームページ >>
ルートヴィヒスハーフェン
経済大学(ドイツ)
ホームページ >>
アルゴマ大学(カナダ)
ホームページ >>

派遣留学

 交流協定校の、青島大学、北京大学、東義大学校、木浦大学校、グリフィス大学、クイーンズランド大学、ロス・メダノス・カレッジ、ボアジチ大学、ルートヴィヒスハーフェン経済大学、銘傳大学及びアルゴマ大学には、半年から1年間の派遣留学をする機会があります。

外国研修

 本学では第一外国語として、英語・中国語・朝鮮語が履修できます。これら3つの外国語は、「外国研修」が国際コミュニケーション分野の科目として開講されています。夏休みを利用して、英語圏(アメリカ、オーストラリア、イギリス、カナダ等)、中国、台湾、韓国に短期語学研修に出かけ、語学力向上や異文化理解を図ります。

外国人留学生

 本学は、1988年から外国人留学生の受け入れを始めました。現在、正規の学部・大学院の留学生と1年間の交換留学生などが本学で学んでいます。日本人学生がマンツーマンでサポートする留学生チューター制度があり、日本人学生にとっても国際感覚を身につける機会となっています。また、異文化理解や留学生との交流を目的とする学生サークルもあります。教職員と学生が一体となって国際交流に力を注いでいます。