国際交流センター国際交流センター

ホーム > 国際交流 > 国際交流センター > 留学生の声

留学生の声

百聞は一見にしかず、下関市立大学にぜひ来てください!
国際商学科 曹 冬冬さん
中国からの留学生
曹 冬冬さん,中国,下関市立大学

 私は日本へ来る前に中国?坊市の熱電会社で2年間働きました。日本に住んでいる姉のところへ初めて旅行しに来て、日本の精巧な商品や綺麗な景色を見て驚き、日本に留学することを決めました。
 留学生活を送る今、アルバイトと勉強を両立させています。アルバイトでは日本人の真面目な仕事の仕方や店舗管理など、経験を重ねながら学ぶことができました。大学受験の時、日本留学試験や入学試験などで確かに疲れると思う時がありました。しかし、今は大学生活を通じて、様々な国から来られる方々に出会うことができて、国際交流の楽しさを味わいながら充実した大学生活を送っています。
 下関市立大学では学生同士の距離が近いです。授業中だけではなく、図書館の学習室で様々な国から来られた方々と一緒に勉強することができます。専門知識だけではなく、国と国の文化の違いを理解しながら語学能力も高めることができます。
 下関市は関門都市圏の重要な一部分として北九州と密接な繋がりがあり、生活も便利です。ここは美味しいものを食べながら綺麗な海を見られる町であり、とても住みやすいです。
 私は下関市立大学を受験し一度落ちましたが、絶対この大学に来たいという夢を強く持ちながらもう一回チャレンジして夢を叶えました。青春には期限があります。その期限が切れるまでに、後悔なしにやりたいことをぜひチャレンジしてください。

「下関といえばフグだね!」「いや違う!下関はフクだけじゃないー!」
国際商学科 イムラン アリさん
パキスタンからの留学生
イムラン アリさん,パキスタン,下関市立大学

 下関に来て今年で3年目。振り返ってみると下関市、ここに住む人々、根付く独特な文化から多くのことを学んできました。都会の大学での勉強を通して成長した自分よりも、下関市立大学で勉強してきた現在の私の方がいい成長ができていると思います。それは下関であるからこそ、地元の文化を守ろうとする活動が見られ、魅力を引き出そうとするイベントなどが沢山あります。下関海峡まつり、源平まつり、馬関まつりなどのまつりが下関を魅せ、深い歴史を語り非常に面白いと思い、毎年見に行っています! 日本の歴史は非常に興味深い…けれど、難しい!と思っていた私でしたが、少しずつこのようなお祭りやイベントに参加するだけで自然と分かるようになってきました。分かってくると楽しい上、非常におもしろいです。
 歴史だけが魅力ではなく、天然の観光地も多く、観光が好きな人はとても満足できると思います。そして最後にフグ!下関のフクは一回食べてみないとその美味しさがわからないと思うので、下関へ来て食べることをおすすめします。このような楽しいイベントと日常、そして下関の文化を守りながら世界に広げようとする人々をみて、自分のやりたいことを見つけました。あなたもきっと見つかると思います!

小さいけれどあるべきものが全部あり着実に成長できる大学
国際商学科 金 運植さん
韓国からの留学生
金 運植さん,韓国,下関市立大学

 韓国の大学では日本語学科専攻でしたが、兵役後に日本語学校に通い再び大学へ戻った時、カタカナや漢字が読めない、やる気のない学生が多い現状に驚きました。先生に相談し、後押しを受け日本への留学を決心しました。日本の生活や授業についていけるか不安はありましたが、1年次に授業で必要な日本語が学べるカリキュラムやその他留学生支援がよくできているのでその問題は解決しました。また、本学は単科大学で規模は小さいですが、顔見知りができる機会が多く友達を作りやすい環境です。
 学生の意識については、2年次に受けたキャリアデザインの授業で、隣の席の学生と就職について話した時、すでに就職対策として毎週企業の人と出会ったり、資格を取得したりと「自分に何が必要なのか考えている」ことを聞きました。それを聞き「自分の未来をしっかりと考えている」と愕然としました。意欲がなかった自分は留学生活でたくさん刺激を受け、目標を立て実践するための努力を惜しまずできるようになりました。今は自分の未来についても真剣に考えるとともに、留学生チューターとなり、後輩を支援し、刺激を与えることができるように努力しています。

下関市立大学へ進学を考えている人へ伝えたいこと
経済・経営専攻 王 怡琳さん
中国からの留学生
王 怡琳さん,中国,下関市立大学

 下関市立大学は経済学部のみの単科大学なので、先生と学生、学生と学生との関わりが深くなりやすいです。また、授業も充実しており、経営戦略やマーケティング、貿易等幅広く学ぶことができます。さらに、何より就職率が高い。すごく魅力的だと思います。
 実際の留学生活を体験して「良い!」と思ったのはone to oneの「留学生チューター制度」です。市大では1名の留学生につき1名の留学生チューターが付くという制度があります。大学での勉強から日常生活まで、すべてのことをサポートしていただけます。初めての一人暮らしの私には、困った時、すぐ相談できる相手がいてすごく助かりました。また、当時私の留学生チューターは日本人だったので、普段の交流のお陰で、日本語の会話能力も向上しました。
 そして、もう一つ「良い!」と思ったのは学内の国際交流センターです。市大には毎年、中国、韓国、ベトナム、アメリカ、ドイツ、トルコなど様々な国からきた留学生がいます。その留学生一人一人に寄り添って支援するのは国際交流センターの職員です。悩みとか不安なことを抱えた時、いつも親切に対応していただけるので、非常に安心しました。さらに、国際交流センターを通じて地域の活動や国際イベントに参加することもできます。そのお陰で、日本のことだけでなく、他の国の文化にも触れるチャンスが増えました。
 さらに、資格試験を受ける際、受験料を補助する制度もあるので、学生の負担を減らし、勉強に集中することができます。サークルや部活も多種多様で、しかも留学生を歓迎するサークルが多いです。勉強とサークルを両立しながら、充実した大学生活を送っている留学生もたくさんいます。
 このように、下関市立大学は留学生に優しく、安心できる大学です。日本留学を迷っている皆さんは是非、下関市立大学を検討してくださいね。


【お問い合わせ先】
 公立大学法人下関市立大学
 国際交流センター 国際交流課
 〒751-8510 山口県下関市大学町二丁目1番1号
 TEL.083-254-8693 / FAX.083-252-8099

【Contact Address】
 International Exchange Division
 Shimonoseki City University
 2-1-1 Daigaku-cho,Shimonoseki,Yamaguchi
 751-8510 Japan
 TEL.+81-83-254-8693 / FAX.+81-83-252-8099
 E-Mail.international@shimonoseki-cu.ac.jp