トピックストピックス

ホーム > 2019(平成31)年度 > 学生FD委員会が新入生歓迎フィールドワークを実施しました

トピックス

学生FD委員会が新入生歓迎フィールドワークを実施しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月7日(日)に学生FD委員会がオリジナル授業の一貫として、新入生歓迎フィールドワークを実施しました。2月に下見を行い、その後、予算やルート等を検討しました。その結果、行き先、ルートを見直し、唐戸周辺を歩いて回ることにしました(案内者:佐藤裕哉 准教授)。

 大学に集合後、路線バスで移動、旧山陽道起終点を出発点とし、やまぎん史料館〜南部町郵便局・旧秋田商会ビル〜旧下関英国領事館〜唐戸市場〜引接寺〜李鴻章道〜日清講和記念館〜赤間神宮というルートで歩きました。参加した新入生からは、「下関の良いところを見つけることができ楽しかった」、「歩いて実際に下関の歴史を学べてよかった」、「新しい友達ができた」などといった感想が聞かれました。このフィールドワークを通して、交通の要衝として栄えた下関の一端を知ることができたようです。ご協力いただきました、やまぎん史料館の皆さま、ありがとうございました。

 また、唐戸市場での昼食中に、隣で食事をされていた方から、おにぎりと卵焼きの差し入れをいただきました。このような、様々な人との交流もフィールドワークの醍醐味かなと思います。差し入れ、ありがとうございました、おいしかったです。

 新入生の皆さんには下関市立大学で学ぶ4年間で、多くのことを経験して欲しいと思います。様々なところに出かけたり、人と話をしたり、難しい本を読んだり、講義を受講するなどしてみてください。

なお、2月の下見については以下のURLをご参照ください

 

学生FD委員会

 

 

(文責:基礎・教養教育 准教授 佐藤裕哉)